So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

ようこそ実力至上主義の教室へ 第5話 地獄、それは他人である。 の感想 [TVアニメ]

逃げる佐倉。
綾小路が解説。 パソーナルスペース。人それぞれ。
。。。櫛田はなかにいれる。・・・クモ?

佐倉のつきあう綾小路と櫛田。 故障。。。佐倉はひととの接触に恐怖。
対応者の対応に佐倉は。

綾小路は優位性を。

打ち解けようと櫛田。。。席を離れて
綾小路は佐倉と。 することに。 綾小路は佐倉に任せる。
。。。どっちが信用できるか。 直観。 櫛田は中身が。

綾小路は助言。誰のため。佐倉のため。

帰ることに。
櫛田は綾小路の部屋に。  佐倉のことで
佐倉の協力を得て。

櫛田は綾小路と売ったりでも本性はださない。


生徒会室。 審議日時を決めて

堀北は綾小路にいうこと。 相手によって違う動きに。
須藤の審議


。。。審議
CとDクラスで話。 生徒会長がいて、堀北は委縮する。
まずい展開に。

綾小路は堀北をけしかける。することが。体につよい刺激

堀北は質問から。。。弱いところをつつく。  。。。腑に落ちなかったこと
嘘を重ねるCクラス。 ちゃXな。こーXあ
証人をいれることに。

佐倉が。。。 矛盾。 名乗りがおそかったことに。
Cクラスの担任はつつく。きついことを。

佐倉が証拠を。写っているもの。作れない写真。その現場。
話を変えて話すCクラスの先生。 。。和解に。

相手を気づ付けたかどうかで、期間を。

。。。堀北が反論
須藤のことでは反省点はあるがと。 事件に対して、須藤には非はないと。意図的な事件。
。。。かん人がしたようなこと。いあんふ?

生徒会長は確認。どちらがうそがあるかを。

勝算。

綾小路に生徒会長は話しかける。
証明しなければただの虚言と。 本当のことでも。
綾小路は信じると。  生徒会長は壁ドンして、証明できるかと。
はぐらかす綾小路。

・・・これはアジアでもおきていることと同じ。大陸人はうそつき
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。