So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

バジリスク ~桜花忍法帖~ 第23話 桜花、乱れあう の感想 [TVアニメ]

信長が現世に。 孔雀は討たれて。
滑婆がすること。魔王の駆除。

やりあうことに。 信長は現実を受け入れない。いうことがずれている。くさった脳細胞。
八郎が術を。。。で、自決するが。さすがは死人、死にません。 黄泉がえりには効かない。
。。。ゾンビ? 木偶。人形

滑婆がすること。幻惑と。。。爆弾。
あっけなく滑婆は刺されて。
爆発する。

八郎と響は皆の死を知る。二人は去ることを。

生きている信長。面妖な感じ。二つの魂。信長と忠長。
忠長と八郎。。。成尋の死。

身体の取り合い。。。忠長は首を切る。
もてあそばれたことを忠長。

孫六は信長の骸骨を。 しつこい孔雀。時の回廊。
止めに孫六。 掛け合い。。。封じるが

消える階段に八郎と響。 孫六があきらめを。 
戻る時。 孫六がいうこと。 術をかけて、ぶつかり。どうしようもなく。
。。。シュタインゲート?

孫六は二人との戦い。可能性を。
八郎は術なしで、孫六と戦う。 

上からくるもの。 落ちる孔雀と骸骨。それが孫六の運?。。。斬られて終わり。

八郎と響はここから出ると。
仲間の影が誘う。 その先は? 。。。飛び降りて、違い世界線へ。


そこでは成尋衆が江戸を攻撃。
なんとか陣。 成尋が思い描いた地獄。

そこに出てくる八郎と響、敵は初対面。二人は知っている。
あの場所から出てここにきて。 二人は戦う。 敵は知らず、我らは知っているので勝てる。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。