So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

リトル ウィッチ アカデミア 第14話 ニューエイジマジック の感想 [TVアニメ]

アーシュラは回想。 先生との約束。
なんだか新展開に。  それよりもこの先生って、天然だから、先へなかなか進めないね。

好敵手。 。。。それは繰り返す?
それぞれのあつ二極。

アツコはあいかわらず。みんなとともに。
ダイアナは。。。アツコをライバル視

アツコはアーシュラのところに。 でも、電話。ストライキ。妖精が。
その要求。魔道石を使うことを。

もらいうけること。アーシュラが運搬。

学園内では魔法がつかえずに。

アツコは来て、危ない目に。
やってく新任の教師。現在魔法。。。というよりIT

クロア先生がきて。

学園はストライキで、回らない。

校長先生らは交渉に。 アツコが妖精側に。
ダイアナが対抗。もっともなことを。
アツコはダイアナの身分に。いい生活。 。。。ぶつかる二人。

アツコは団結側に。妖精のことを心配する。
もっともことをいうアツコ。おばかさん。s

ロッテはなにかを見る。。。黒幕


交渉。 。。。アツコはすごい。
クロア先生の提案、なんか電力みたい。うまいこという。これでだます。かんでんとかも、。
伝統

アツコとクロアの接近。

あの二人、妖精を買収して、お風呂に。
こらしめる妖精。 だれが? 妖精らが起こる。

アツコらは説得に。 そのまえに人造妖精。暴走する?すべてはクロアの企み。
学園の掌握に。

自作自演のこと、気づいているものも。

あやしいこと。クロアは掌握。わざと、

アーシュラが戻って。残念なことに。
そして、クロアとアツコの接近に。 過去のライバルかも。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ