So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

妖怪アパートの幽雅な日常 第6怪 プチ・ヒエロゾイコン の感想 [TVアニメ]

夕士は帰ってきたことを。
朝食事はいい。古本屋がひさしぶりの帰還。
。。。うさんくさい男。 かんXX人よりはましか。嘘つきでないものね。

古本屋さん、食事に感動する。きもい。
世界をさすらう古本屋。探し出すものがあやしい。
見せる本。 写本。 
夕士は距離を置く。  トランクからいっぱい。
夕士は本に惹かれて。   秋音が感じる本。 あたりであるそうな。

。。。封印されている本
古本屋はこれはいいと。 秋音が取り上げて、調べると。

古本屋は知っていることを。 一色に。
深瀬がいうこと。 活字文化。。。対馬の向こうではあまりないことだね。燃やしまくり。

。。。露天風呂
夕士が帰ったわけ。
まりこが風呂に。 幽霊さん。

その晩寝ることに。いい気分と。長谷を招くことを。
やってくるそれ。憑きもの。
フールは本から出る。
めんどくさい魔物。 夕士にご主人様と
本人は夢扱い。 読めると夕士。本の封印が解けて
。。。妖魔を封じ込めた本。

創造主は風疹して、新たな主人が見つかるまで。
夕士は夢扱い。
試してみる。 ためるが、しょぼい。。。プチなだけに。
冗談なような妖魔。


夕士は長谷と会って、夢の話を。
ちんぴらがいて、

夕士は長谷にアパートのことを。

長谷はチンピラに絡まれて。 目上であることを。つるむ男達。
バイクで追いかけて。

工事現場に逃げ込んで。
長谷はちんぴらのすることを、程度を知らず。。。

出てくるフール。それは長谷にも見える。不思議な存在に。
。。。ここできれて。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

18if 第5話 凡庸の魔女 の感想 [TVアニメ]

ショッキングは始まり方。三枝美礼の場合。
。。。?

遥人が目覚めて。
・・・今回は、なんかに似ている。ことある時間。

カツミが遥人に。 三枝美礼のこと。
朝食。。。カツミにはひどい圧かい。

カツミが調べて。それはいつのこと。最後に出てから。
。。。なにかを隠して

遥人は三枝美礼のことを。 リリィはなんでも知っている。
どういう関係の2人。

カツミはユリナに。。。そうなることに。

カツミは遥人に話す。凡庸。。。カツミ乗り気でない。遥人はやる気。
いつになく。


遥人は三枝美礼の世界に。いきなり出会う?
。。。わからず

遥人は探して。呼び出して知ってしまう。
三枝美礼は有名であることを嫌がる。平凡に生きることを。
特殊な自分と普通の生活に。

くじけた足。失敗に。
それから。

三枝美礼が望むもの。普通の暮らしに憧れて。
遥人が案内。キャンパスライフ
。。。見ているリリィ。


で、
人並みに。。。三枝美礼は好きな人とお近づきに
デートに行くことに。不安な三枝さん。

月並みなデート。

。。。海辺に。 三枝は思わず。
礼を言う。

最後に行くところ。最後に行ってみたいところ、知りたいと言われて、
スケートリンクに。
よみがえる感触。 元の舞台に。 引き戻される? 再び戻ること。
嫌がる三枝美礼。

遥人は運命だと三枝美礼に。 君が君らしくいる場所。
勇気。 リリィ。。。。語る。逃れられないこと。
遥人は向こうで無見せてくれと

目を覚ます三枝美礼。ああ。今となっては遅い。老女に。
浦島なんとかに。相対時間。


カツミは遥人に。遥人は背負っているものを。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

プリンセス・プリンシパル #05 case7 Bullet & Blade's Ballad の感想 [TVアニメ]

日本から来る堀川公。プリンセスらがロンドンまで警護。

共和国が考えること

王室御用達列車でロンドンに。 礼にあつい日本人。土下座
。。。コーリアンはしないね。獣だけに。生きてこそだものね。


堀川公は不平等条約を変えに。

ちせが列車に乗りこむ。
すぐにドロシーが。 アンジェがまず。 そしてアンジェ。
やり合いが、人知を越えて。

止める日本人。 ちせの目的。藤堂十兵衛を倒すため。


ちせを乗せるかどうかでもめる。
ちせはシンを得るために。

プリンセスはアンジェにちせと組むことを。
。。。互いを知ることから。
ちせはアンジェのいうことを受け入れる。 日本は懐が大きい。
。。。かん人は、生死だけ。徳治だけ。


止まる駅。ちぜは日本のおまじないを怪我した子に。


ノルマンディー公は藤堂に援助。 プリンセスを葬るために利用する。

駅での襲撃はなし。
ちせとアンジェ。  ちせがいうこと。
。。。暗部に落ちた設定?

スパイの警官。ドロシーの問い詰め。分断されて。
平行してくる列車。

藤堂十兵衛らの襲撃。脱輪目当て。

アンジェとちせはシーボールで飛んでいく
。。。ファンタスティック

突然のことに藤堂勢は

速度を上げる列車。衝突を。
藤堂は作戦を。
そして、堀川公に。
追いつめていく。 ちせが十兵衛に。

アンジェが来て、プリンセスは列車を止めることを。

ちせとアンジェの相対。

列車が止まるかどうかに。。。。間に合って。

ちせは十兵衛に。。。褒める十兵衛。いうことが、
逆賊藤堂十兵衛を討ち果たしたと

アンジェはちせに十兵衛は父。
ちせがいうこと。
アンジェはちせに礼を

ちせは心の痛みがまじないでは消えないと。悲しい。


学園のクラブ。
そこに転校生のちせがくる。
話がすでについていると。共和国のスパイと。

ちせはアンジェと握手。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ