So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

将国のアルタイル 第9話 紅虎の将王 の感想 [TVアニメ]

バルトラインのすること。広がる衝撃。
各国の動き。大トルキエ。 覇権に対する評決。

開票。トルキエ以外反対。

ザガノスは結果に。それぞれの意見。。。

ムズラク将国。 マフムートはそこで。
武器承認の動き。

館に閉じこもることをしている。礼拝堂に。
マフムートはそこに。 2人とあうことに。 自己紹介。
。。。けなし。

閉じこもり。大トルキエ体勢の反対。
マフムートは上に会いたいことを。

大軍をみるマフムート。

。。まずいと弟、短時間で集めてきていることに。

マフムート会いに。決めたことに対する反論。ムズラクの将王。 弟は謀反。
マフムートの待遇におかしいと。結果重視。  。。。マフムートがいうこと。

トルキエのことがただしいとは?とムズラクの将王。弟には。

いまこうなっているかを話す将王。出てこない中のもん。
火攻撃

中は水路で逃げ出す。

マフムートは宮廷によばれることに。拒否はできない。


謀反の掌握。 トルキエにも知らされて。
ザガノスは今こそ動くことと。 力ずくにと。  。。。異なることをいうこと。同等の関係。
あやしむザガノス。  内からくずことを。

ザガノスはマフムートのせいのしようと。失敗したら・
スレイマンは


マフムートらはスルタンの屋敷に。

。。。晩。動くマフムートら。

将王とルイのエレオノーラ。 裏で関係。

マフムートは調べに

エレオノーラはいないマフムートに。逃げ出したかなと。

マフムートらはまぐれこむ。兵の中に。
ニセものかわかる。美少年でないとなれない。 すぐに見つかるマフムート。
いうことだけいって。始末すると。 

湧き出る水。
。。。消える火。

暗闇にアビリガ。 倒して、逃げ出す。

水路から出るマフムート、待っているロッドウルム。
。。。後につながっている。
nice!(2)  コメント(0) 

コードネームミラージュ Episode23 抱かれル の感想 [コードネームミラージュ]

始まる粛正。良い犬、狩られる

左文字

御崎から鯨岡の自殺を。後処理。 左文字は鯨岡の洗い直しを。
パイプ、なぜ躓いたのか

。。。左文字は次を
御崎に釘を刺す。よけいなことをしないことを。

警察の上、思惑通りに。2人で支える事を官房長官

左文字はK13の解体。 ドブネズミは刑務所に。。そして、自殺に。

ドブネズミに言い渡されること。御崎から。。。過去
取引。 契約。 かごの鳥。
木暮は取引を受け入れて。仲間に。。。ドブネズミ


いつも定食屋。 かいがいしい女性。森山に。
やってくる御崎、ミラージュに知らせる。逃げることを。

木暮と甲斐。あきらめ?

御崎に停職。。。森山にメモ
女性は森山にあしたも会えることを。

ミラージュは鐘ヶ淵のところに。なにか違和感。待ち受ける組織もの。
ミラージュの処分。局長からの呼び出し。

ミラージュは逃亡する。 Uシステム。ばればれ。
左文字がいうこと。リセット。もとに戻すと。。。?

ドブネズミはシステムの開放を。K14の通信システムの破壊。
御崎は知らせて、追えるのはドブネズミ。  御崎は忠誠な部下と

ミラージュは通信システムをきり、ドブネズミを逃がすことを。

左文字がいうこと。余計な自我はいらないと。忠実にいうことをきく息子であるだけ。
御崎に

ミラージュはドブネズミを開放に。特殊な建物。地下に向かう。
ロビンはドブネズミがミラージュに会えることを。

待っているドブネズミ。笑顔。こういうときでないと出会えない。

地下へ。ミラージュは徒歩で。

ドブネズミに甲斐は別の場所にと。せかす甲斐。
ミラージュは向かう。 待ち受ける組織のもの。。。。ザコだけに。

せかす甲斐。移動を。

ミラージュはドブネズミのいる場所へ。執拗な邪魔。

ドブネズミは気づく。地下の異変。銃声。

ミラージュはドブネズミのいた場所へ

ドブネズミは来てくれたミラージュに。だだこねて。
甲斐は説得はしない。処分。
ミラージュが来て、あっけない甲斐は処分されて。
ドブネズミはミラージュに抱えられて。。。明かす自分。

。。。ミラージュはドブネズミを。
最後はこうなる。裏組織。あってはならない。 ミッション:インポッシブルのあれみたいに。

ミラージュは遅かったことに。

ロビン、ドブネズミに やっと外してもらえましたね。
nice!(1)  コメント(0) 

サクラダリセット 第23話 BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA 4/5 の感想 [TVアニメ]

ケイは事情を。浦地とケイの関係。
浦地をらちったわけをケイ。 まともなことでは交渉につかせられないことを。
津島は。。。浦地より、 ケイは説得を。

。。。もめ事。ケイは浦地を人質に。
津島の味方はケイに。 ケイがするだろうこと。
論理をはなす津島。大人として。
。。。こういうのは議員にはへってきたよね。もどきがおおいよね。なりすまし日本人でも議員になれる。


カラオケ。索引と加賀屋、出られない。扉が。

村瀬と宇川。。。正義の味方
管理局員の対応。 宇川は、時間を気にする。
間に合って。 うまいこと能力を。


逃げ方がすごい。これってジェットコースター


春埼は索引と話。足止めでなく。 。。。話。
ふたりきりでないと春埼。 2人を相手にするのは? 春埼。


ケイが説得?と浦地
例え話を離すケイ。 浦地がすること、選択。
ケイは2人とも助ける事を模索する。
浦理がいうことは大陸人。 ケイは2人ともと 日本人的。
浦地は現実的に。
ケイは似たようなものを知っていると。。。それは加賀屋がなしたこと。1人の人間を犠牲に。
それがただしかったかどうかを浦地に
。。。してやれたと浦地。

ケイは1人の時間を止めた少年のことを。 浦地はいう。管理局の指示。
浦地に悪かどうかを。 浦地は悪だと。
認めるケイ、強さ。 。。。浦地は過去に言われたこと
ケイは両方の人を助けたいと。。。ケイがいうこと。
。。。?浦地
全員を救うことをケイ。 浦地は対応する。 これからなすこと。

ケイがいうこと。重要なのは能力だけど。解決策を離すケイ。 犠牲になるもの。
ケイは、猫に能力をコピーして。加賀屋と浦地の父を助けること。
できないことと、猫には能力は使えないと。  。。。ケイは知っている能力者。猫の気持ちを知る女の子。
激高したいいかたをする浦地。 。。。対するケイ。

現実から目をさらさないことに。 浦地は目をそらしているとケイ。
浦地はうごかないと。説得できないと。 しっていたとケイ。説得していたのは別の人と、加賀屋。

加賀屋にとうケイ。 春埼が代弁。選択することを。救いたいならと。過去の修正。
春埼はケイにいわれたことを。代弁する。 ケイは間違えない。なにもわすれないと。自分自身の正しさ。
加賀屋に選択。幸せ。

。。。携帯をわたす春埼。
加賀屋は、浦地の両親とのこと。

今は涙で。 

加賀屋はケイを支持。 浦地に話す・
浦地はどこでも間違えたかと、ケイ。 ケイは浦地は加賀屋への信頼。
ケイは話す。 能力がなくなった時に。浦地と。
。。。浦地はケイのようなことを思いつかなかったと。
ケイは管理局に入って、変えたいと あらゆる不幸を消したいと
ケイは浦地とほんと似ていると。 似ていること。。。仲間でいることをケイ
浦地は嫌いなことを話す。  きらいなものでいっぱい。
浦地はメモをケイに渡す。


相麻は列車で、外に。明日ケイにすることを。
トンネル、通り抜けると。結界の外。 流れ込む意識。

倒れる相麻。間違いで懺悔する。ケイのためでなかったことを。

nice!(2)  コメント(0)