So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

トータル・イクリプス アナライズSP の感想 [小説]

中休み。
ヒロインの声優が。。。べんめつ。
あの光線級が出てくる? コマ-シャールのあれ。 ルネサンスのあれ。
光線級が仕切る。。。これ、対馬にほしいね。 北へ向けると全部照準に入って平和。

BETAの紹介。。。4種類 ? 8種類
貴重な光線級

おかしな合成適当。タンク級。 フォート級、国会議事堂と同じ高さ。
なにか? 
地図で光線級の射程圏、凄いね。なんかの範囲みたい。防衛に使えたら、便利。


戦術機の経緯。。。なにかプラモが出てない?
ラプターってかっこいい。。。ていうか、あれと系統が。

XFJ計画、ユウヤのいきさつ、唯との関係。。。関係悪いところからよくなる
多国籍の実験要員。一癖二癖ある連中。 ソ連の人造人間。

。。。へったぴなBETA絵描き。タンク級。
ゲーム おかしなコマーシャル。。。。スルー。それでタンク級のマネ
げてもの。おかしな手振り。


次の展開、泥沼でないのかな。敵がいようと人間同士であらそいって、
今のマーボーとチゲの連中と同じだよ。 
ボルシチはなにもしそうにないけど争いよりも日本にうやむやにして、技術を欲しがっている?


最後のでぶでにはなんだろうね。ロシアンマフィア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

小説「ノウイング」を読む。 [小説]

昨日、買って。斜め読みして、今日、大体筋がわかってしまった。

なんだよ。
これは、知っているではなく、人知を超えた存在が、
純真な子供に危機を知らせているだけだろうが。

それで、その声(ささやき声)が聞こえるものだけが救われる。
なんか聖書に載ってそうな話だ。
最後の審判。よきもの(種子)だけ収穫する。
・・・よきものとは、聖職者でも選民でもない。わははは。
   2001年宇宙の旅にみたいで、
   本当の宇宙の持ち主がいて、管理している。
   所詮は、借りていることということを警告。
   まさか、外宇宙から顕微鏡で見ていたりして。

光り輝く存在が、選ばれた人(子供)に再度やり直しの
チャンスを与える。
・・・ノアの方舟。光を消すと、バルカン星人だったら笑える。


残った人類は、太陽のフレアで、電子レンジ状態。ぐわああ。
地球が熱くなるらしい?
真っ赤に燃えて、また、原始の地球のやり直しではないの?
・・・ほんまかいな。今までも可能性があったと思うけど。
   ひょっとして、恐竜が滅びたのも、太陽の変化のため?


ジョンは、50年前のメッセージに意味があると思い、
奔走するが、所詮はくだびれるだけ。謎ではなくメッセージだった。
子供は助かるが。自分と親たちは滅びの道に。


ああ、繰り返される宇宙の神秘。
最近のスタートレックでは、スポックが、ロムラン星人の救出に
失敗する。

昔の宇宙空母ギャラクティカでは、光る存在が人を地球に誘う。
しかも、サタン(サイロンのロボットを作成した存在)も出てくる。
光る存在は、彼ら(ギャラクティカの乗員)を始祖という。
子供とは、話さないでもこころが通じる。
つまり、光る存在は、未来からタイムリープしてきた未来人。
過去は、替えられない。過ぎた歴史は、変えてはいけない原則。


ここで、ぼそっと、阪神大震災も必然性だった。
避けることは不可能だった。
・・・おごれる人を懲らしめるため。懲りませんね。今も火の車。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ああ、タイタニアの文庫本第2巻が発売されている。 [小説]

これは、買いに行かないと。


でも不思議なだあ。


この本の新書版って、3巻までみたいだが。


もうおわり、それとも作者が書く気なし。


「薬師寺涼子の事件簿」は出るよね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

田中芳樹 小説 「夜光曲」 読み終わりました。 [小説]

もう、読み終えました。
読みやすくて、しかもおもしろい。人間模様が簡単で、涼子中心で回っている
のがおもしろい。
警察の幹部達は、弱音を握られないかと、いつも恐れて、会うことを避けている。
涼子自体が悪の黒幕かのようでいて、本人は楽しんでいるだけという有様である。
本編では、怪人・怪物・怪獣が出てくるが、なぜか涼子が退治せしめ、
人食い蛍は、千葉県警にお任せの自分勝手ぶりのご都合主義でおわって、
後は、山となれ川となれで、東京都さえ無事だったらいいのであった。
警察内部の無能ぶりを、これでもかと述べていておもしろい。
最後の頼みは、涼子になる訳だが、最初からそうなるように、
策謀を巡らせている、ある意味詐欺である。警察のお偉い方が涼子の失敗を望んでも、
絶対に失敗はなく、勝利する。(勝てば官軍である。)

薬師寺涼子は、何となく、「ああ、女神様」の女神の一人ウルドみたいだ、
とにかく退屈せずにおもしろければいいという性格である。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

田中芳樹 小説 「夜光曲」 購入して、読み始めました。 [小説]

久しぶりに、田中芳樹の小説を買いました。



夏の魔術シリーズ以来です。

夏の魔術 (講談社ノベルス)

夏の魔術 (講談社ノベルス)

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


夏の魔術って、コミックになっているんですね。知らなかった。
夏->秋->冬->春の4編で完結すんですよね。小説は4つすべて読みました。
私のお気に入りの小説でした。不思議少女と青年が大活躍する話。

銀河英雄伝説も、懐かしいなあ、ほとんど立ち読みでしたけどね。
ビデオでは、少し見たくらいで、最初の始まりがよかった。

銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)

銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2007/02/21
  • メディア: 文庫


創竜伝は、コミックで見ていたが、中途で見なくなっちゃた。

創竜伝 1 (1) (少年マガジンコミックス)

創竜伝 1 (1) (少年マガジンコミックス)

  • 作者: 恵 広史
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/02/17
  • メディア: コミック


買った本の薬師寺涼子の怪奇事件簿は、アニメ化するそうで、見てみたいが、
見られるかな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

小説 「神様のパズル」 を読んでいます。 [小説]

6/16(月)に本屋にて、本を物色していました。
そのときに「神様のパズル」を見つけて、買おうかどうか考えて、
結果、購入しました。
神様のパズル (ハルキ文庫)

神様のパズル (ハルキ文庫)



読んでみると、結構おもしろいです。今7割あたりを読んでいて、そろそろクライマックス
に入るあたりに来ました。本当に、人は宇宙を作成できるのかどうかのことが、最終的に
どうなるかわくわくしてます。
宇宙が作成できると、現在の宇宙が消滅するという問題があります。
途中では、ネットにつながっているパソコンのCPUとメモリで、計算させて、疑似宇宙を
コンピュータ上に作成し、疑似宇宙を観察しています。その疑似宇宙上での知的生命?
が宇宙を作ってしまって、疑似宇宙が崩壊することを観測します。
そのことを、天才少女のヒロイン穂瑞が悩みます。。。。。。。そんなバカな!!
物理の用語が、出てきているが、簡単に説明しています。なんせ、主人公の綿貫氏
は物理が得意でないのですから。
穂瑞が年上の綿貫氏のことを「綿さん」と言うのが、ワトソンに掛けているようで
シャーロック・ホームズみたいで、けったいです。

それで、今度映画の方も見てみようと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

小説 タイムスリップ明治維新を一読して [小説]

不思議なお話、あることがきっかけで、江戸時代にタイムスリップするヒロイン
対するは極悪人の未来人小栗某。
架空の人物でカムフラージュする統一時間局のエージェント
未来人のタイムマシンは壊されているので、歴史を史実とおりにしないと帰れられない
ので、ヒロインと男2人は元の時代に帰るために小栗某氏の野望を頭脳戦でたたかないと
いけない。
あってはならないようなことをするのでおかしい。アメリカから、スイスから有名人が
やっていくる。そんなバカな???

途中で、ヒロインの息抜き旅行にてある子供(林太郎)にであう。。。前作の森鴎外ではないか
つながる小説間の流れ、うーん原因と結果が逆転している。
森鴎外は、ヒロインうららの影響でタイムスリップし、
ヒロインうららは森鴎外の影響でタイムスリップする。どちらが先がわからんではないか

それと明治維新の陰立役者はだれか、結局は、ヒロインうららがお膳立てしていたことに
なている(これもオチ)。誰が明治維新を起こしたかの人物捜しというミステリがあるが、ただ、
日本のことをどうにかしようとした人物の策略であった。本当かいな、ただ今の日本の政界と同じ
で江戸幕府(変化を受け入れないバカの欲バカのあつまり)では日本が植民地になると憂えた賢人
の思いであった。誰かは読めばわかるので読んでください。

結局は、歴史を史実に近づけることで帰ってきてめでたし、でも明治時代の記憶が
なくなるといっていたのに残っている。ほんとうにいいのかな?
とりあえず、現在にかえれればいいのかいな?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

僕の彼女はサイボーグ [小説]

読みやすい本でした。
タイムパラドックスが入っていて、矛盾するがおもしろかった。
でもサイボーグの定義が納得できないです、この話ではアンドロイド
としたほうが。。。
皮膚がに人間のもので後は、メカニックではないですか。
物語では、過去と未来が倒錯していて、最後にパラレルワールド
になっている。矛盾している。だってサイボーグを作成した原因がなくなっているやんか?
話自体は楽しめました。

映画では、どうなるのなと、ラブストリーなのだが、本を読んでしまうと観るまでもないかと
思います。それと週間ヤングジャンプの明日泥棒と共通点があるように勝手に思ってます。
ヒロインがあり得ない力で主人公を守っているところが。。。

でも、タイムトラベルロマンス作品『ある日どこかで』がすこし混じっている
ように思える。合法的に時間を超えたら、どこがおかしくなるよね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

タイムスリップ森鴎外をよんで [小説]

前回のタイムスリップシリーズのシリーズ1を読んでみる。
今度は、大正時代から森鴎外がタイムスリップしてくる話だ。
モリリンのニックネームで呼ばれて、現在人にとけこんみ、元の時代に変える方法を
試行錯誤する話となぜ殺されかけたのかの犯人捜しがメインになっている。
殺人者は、以外な小説家であったが、
元の時代に戻る方法が、時間管理局のエージェントが出てくるという、ちょっと無理は設定が
ある。そのな組織があるならさっさと帰してやれよという感じだったが、なにをかんがえているのはか
森鴎外を殺すことで歴史を正常に使用とばかり考えている。変な2人組。
その時代の警察にばれるとまずいので堂々と行動できないのがおかしい。
最後は、森鴎外が元の時代に帰るのだが、結果の歴史は変わるし、モリリンのラップがCDになって売れるわと
思い切り昔と現在の歴史に影響を与えている。よかったにかなあという感じです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

小説 タイムスリップ釈迦如来 を一読して [小説]

久しぶりに小説を読む。
内容が単純なようなので1時間で斜め読みできする。
話が冗談になっているが、現在に帰るために歴史を史実どおりに
するのが、おかしい。
所詮作り話なのだが、話の筋を無理に通しているようのがおかしい。
史実がどうなっているか興味深いので、そのうちに確認してみようと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ: