So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
YouTubeアニメ ブログトップ
前の10件 | -

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」のエンディング [YouTubeアニメ]

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」エンディング


ああ、なんと終わってしまったあ。

変なエンディング、映画みたい。

キャラが踊るあほな終わりか方

最後、5人のキャラが跳んでゆく。戦隊ものノリ。

古泉がレッド?



予告もなし。宣伝なし。続きはどうしょう。

集まりなら、その時はいつ。知らない。

期待もあり。動機もあり。続きを待ている

うわさだけで、ごめんね、みなさん。

ららら、今夜舞台挨拶。だれかがだれかをはめてみよう。

宇宙人の夜は長い。

心の壁を地を跳べ。

わかります。あきるほど。わかります。見ましたよ。

でも。主役は君次第。

おつかれさまです。

・・・後ろで、キョンがつっこんでいる。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第25話 の感想 [YouTubeアニメ]

なんかはじまりが変わったよお。
とてもきれいでシリアス、なんで。
・・・これは、古泉が変になやむため。
   長門が攻略ゲームへ繋がるため。
みくるちゃんを出しに使う特撮は、いいよねえ。意味がないけど。


・・・うーん、よくも原作からつなぎ合わせたものだ。

途中からてぬきになったあ。キョンと古泉
キョン「なんだったんだ。今のは。」

ハルヒ「止まない。雨が降ると外ででれないからいやねえ。みくるちゃん」
みくる「そうですねえ。」

きょん「いやあ。雨が降らなくても基本外に出ないだろう。」

長門、パソコン触っている。

ハルヒ「あれ、そうだっけ。」
キョン「活動時間の大半をゲームに費やしている自信があるしな。」
ハルヒ「ううん。でも、それは違うわよ。キョン
    晴れているときはいつでも外に出られるの。
    だから、あえて部屋にいるのよ。」
。。。だめ人間だあ。

ハルヒ「じゃあ。というわけで今日は衣替えをしましょう。」
キョン「なにを唐突に。俺たちが何を着ると。」

ハルヒ「私たちじゃないわ。みくるちゃんのころも衣替えよ。」
びくと反応するみくる。

みくる、みゃーって逃げる。
追う駆けるハルヒ。捕獲だ。

第一回みくるちゃん衣替え会議
生け贄の彼女、泣いている。

ハルヒ、みくるちゃんに着せる服を書くが。へたくそ。
見て書いても。へたくそ。状況がかわっただけ。

鶴屋「やほい。みくるいるかい。」
みくる「ああ。鶴屋さん、どうしんですか?」
「おや。なにやらおもしろ事になっているねえ。
 数学のノート貸しておくれ。」
「いいですよお。今動けないから。勝手に鞄から持って行ってください。」
「了解」

鶴屋、みくるの鞄から、ノートを取り出す。
後ろでは、キョンとハルヒがもめている。

二人に話しかける。鶴屋さん
「どうしたの。二人とももめているご様子。」

鶴谷さんに、助けを求める。「途中からなにがしたかわからなく。」
。。。ミクルビールで怪獣をやっつけるのか。
キョン「もう俺たちだけでは軌道修正出来ないです。」
鶴屋「特撮でもするのかい。」
「いや全然。」
「関係ないけど。いいわねえ。特撮。
 映画第2弾は特撮にしましょう。」
「ええ」

説明中

鶴屋「ほほう。みくるの衣替えね。それはすばらしいイベントさね。
   ぜっひ。参加させていただくよ。」
。。。鶴屋さん追加
鶴谷さんが、絵をかいてみる。
大げさにかくわりには、ハルヒに毛が生えた程度の画才。
唖然とするハルヒとキョン。。。だめだこりゃ。
「結局。こんなんか。」
「あれえ」

長門「今この部屋が、先の展開でわかるとおり。
   涼宮ハルヒの力で異空間かしている。
   正確さをもとめる作業には不向き。」
キョン「あー。絵の方は調子悪いのでやめとくましょうか。」
鶴屋「うーん。仕方ないさねえ。」
ハルヒ「そうね。他の方法でしましょう。」
キョン「他の方法」

手っ取り早く行くことにハルヒと鶴屋。
直接試行
「二人とも悪い顔してます。」みくる、危うし。「にゃ~」

みくる、チョウチョも羽をつけた妖精になる。
「出来たわ。」「じょうできじょうでき」
「特撮マンショー」

「今回のテーマは衣替えだろう。」

「出来ました。衣替え」
みくる、さっきから2等身の手抜きになる。
「言い換えるだけならいいよ。それは、特撮の衣装だよ。」

ハルヒ「それじゃ。後は怪獣ね。」
鶴屋「配役は決まっているのかい?」
「そうね」
「みくるちゃんのライバルはやっぱり。どう、有希やれる。」
「やれる。」
キョン「そんあ即答していいのか?」
「別に問題ない。」

カエルのミクルとゴジラの長門
「すでに一度なっているから、経験済み」
「ですよねえ。」
「それじゃあ。いってくる。」
「えっと。あははは。気おつけてえ。」

・・・やっぱりかあああ。
長門のゴジラとミクルの羽ありコスプレ。
ハルヒのミクル持ち上げ。
鶴屋の戦闘機持ち
・・・やってくれるわ。楽しんでいるのは、ハルヒと鶴屋。

キョン、唖然とする。
。。。学園祭で上演予定(?)・・・うけるかよ。子供かい。

キョン「そういえば。古泉。今回絡んでこなかったけど。
    どうしたんか。」
「え。あ。はい。そうですね。
 済みませんでした。すこし考え事をしていたもんで。」
「ううん。いや、謝る必要はないけどなあ。
 もしかして、ハルヒのことでまたなにかあったのか。」
「いえ、涼宮さんことではないんですよ。
 でも。そうですね。
 このことはあなたに聞いてもらった方がいいかもしれない。」
間が開く。
「攻略対象のヒロイン。総勢10名の残り2枠ですが。
 もしやわたしも、その2役のうちに入っているのでしょうか?」
「何考えてんだ。おまえは。今までそこに引っかかっていたのか!」
「いえ。待ってください。もう一人は。新川さんということに。」
「どうでもいいわあ。」
。。。心の底からどうでもよかったあ。

長門が、10人ヒロインのゲームを作った。
「出来た。」
「作ったの?」
有希から、やってみてくれと言われる。
。。。これ消失だあ。

長門さんが作ったので。

「うーむ、朝倉ルートか。」
「彼女の攻略は難しい。
 選択肢を一つでも間違えると。バッドエンド」
朝倉に殺される。
「難易度高ー」
「ちなみに。こういうヒロインのことをヤンデレというらしい。」
「たぶん違うと思う。」

「これはやけにありがちな展開だなあ。」
車にひかれる。
荒川さんが、大丈夫。
「この出会い方は、ちょっとべただった。」
「出会いじゃない。これは事故だ。てか、新川さんルート」

「森さんは、体育教師として出ているのかあ。」
「そう。攻略できるとメイドになってる。」
「なぞの展開だけど。ま、嫌いではないな。」
「最終的には、彼女とバトルをして勝てれば、ハッピーエンドになれる。」
「結局。このゲームのジャンルはなんなんだ。」
「ラブストーリー」
「今のところ、全ストーリーで血を見るのにか?」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第24話 の感想 [YouTubeアニメ]

うーん、ハルヒの部屋よりおもしろいが、きみどりさんは、いったいなに。
死ぬわけ無いんだから、なにされても問題なし。
破裂しようが、爆発しようが。一体何から出来てるんだ。
風船のはずだよね。成分はゴムそれともプラスチック?未知の成分


もう梅雨かいな?
たくさん洗濯物がある。
「もう雨が続くと洗濯物が乾かなくなってこまちゃいますねえ。
 いつも着ているのが半乾きです。」
き「なるほど、だからめずらしく制服を着ているんですね。」
「そうですねえ。久しぶりにそでを通りましたよ。」
・・・えーっと、昔の服はがばがばで着れないですが。
   それと、回想の時の自分を出すのは。
「あのころのわたしは、もう使命感に燃えていました。」
き「あ、なにか。総集編みたいなことをしようとしてますけど
  させませんよ」
「やっぱりだめですか。」
き「だめですよ。」
有希「ただ、今」びっしょびっしょで帰ってくる。
「どうしたのですか。長門さん」
き「ずぶぬれじゃありませんか。」
有希「帰宅の途中、車の水しぶきをかぶった。」
「あああ」
き「あらー」まともにうけているよ。
 「あらー、長門さんならそれくらい除けられるでしょうに。」
有希「パソコンの死守を最優先にした。」
        ・・・ゲームをするのが濡れるより大事。
「とりあえず、シャワー浴びてきてください。」

シャワー中・・・うーん、なぜかいいプロポーズ。出てくると幼児体型。

有希「さっぱりした。」
「ああ、すいません。長門さん。着替えまだ乾いていません。」
有希「ふん、大丈夫。任せて。」
き「なるほどあれをするんですね。」
有希「水風船モード」

説明しよう水風船モードとは、長門さんが、空気中の水分を
わたしに集めた状態のことであーる。・・・ヤッターマンの説明の真似
それにより湿度が落ち、洗濯物が易くなるのである。

そしてわたしは夢の大型犬に進化の時。
・・・それより、スライム化ではないの。

「どちらかというとメタボ犬ですよ。ちょっとあまり調子に乗らない方が。
 いやあ。」

きみどり、水を含んだ破裂する。

「言ったそばから。」
き「すいません。」

そして全部が濡れた。ちゃんちゃん。


日が変わって
いい天気。
あちゃくらときみどりさんがひなたぼっこ
「暇ですね。一通りの家事が終わって、長門さんが帰ってくるまでの
 この時間どうもすることがなくていけませんね。」
き「わたしたちだけでは、なかなか外には出にくいですしね。」

きみどり、なんかに気がつく。
「どうしましたか。」
き「そういえば長門さんが。
  。。。どうしても、暇なときはこれを開けて。
  と渡されていたものが。」
箱が出てくる。
あちゃくら、なにかありそうなという顔をする。
「それがこの箱ですか。」
き「です。」
「なにやらあからさまに怪しいのですが。」
き「まあ、とりあえず開けてみましょう。」
かっぱと箱が開かれる。
あちゃくら、いいのかという顔する。
なにやら黒い箱が、きみどりさんにくっつく。
箱には、タイマーが。。。時間が減ってゆく。
き「えーっと。なにやらいやな電子音が聞こえますけど。あれですか。」
あちゃくら、顔が。。。。。「あはは、まさか」
箱の下が開いて、はさみと、箱内の線が赤と青。どちらかを切れか?
き「あ。定番の2本のコードとははさみが出来てきましたよ。」
あちゃくら、驚く。
「この場合、止めるには切るしかないでしょうか。」
き「た、たぶん」
「まあ失敗しても大丈夫ですよね」
き「もちろんですよ。長門さんが、暇つぶしにっ置いて言ったのですから」
そうは、見えない二人の表情。
き「きっと、おもちゃです。」
あちゃくら、笑い出す。
「ほんものぽいなあ。こんちくしょう。」
あちゃくらの姿が思い浮かぶ。
き「わたしは、覚悟を決めました。朝倉さんにまで迷惑かけれません。」
ぷくとふくれあがる。
「きみどりさん。なにを」
き「ちるのはわたし一人で十分です。」
「きみどりさん。そんなのわたし。うれしくありません。」
きみどり、空に舞い上がり。あちゃくらから遠ざかる。
泣き叫ぶあちゃくら。
タイマーが0になった。
「きみどりさん」
あさくらさんときみどりさんの回想。。。
き「朝倉さん。さようなら。」
爆発する。すごい爆発だ。
「うわああああ。」


有希が帰ってくる。
有希「ただいま」
「あ、長門さん。お帰りなさい。」とてとて
き「お帰りなさい。」
きみどりさん、真っ黒になって、煙を出している。
有希「なんか。黒い」
「暇だったので、爆弾解体ゴッコをしました。」
き「あれは、迫真の演技でしたねえ。」
。。。何してんだか・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第23話 の感想 [YouTubeアニメ]

涼宮ハルヒちゃんの部屋?キョンをおもちゃにして、
からかっているだけ、結局は、キョンと関係ないシナリオが
出てきて意味なし。有希、割り込もうとする。
意味がないなああ。古泉は、ビッシと決めてくるが、結局は
何しに来たのやら。


涼宮ハルヒちゃんの部屋?
キョンに変な自称を語って、キョンにつっこまれるハルヒ。
どうしたらいいかついて行けない。司会者であるまい振る舞い。
喫茶店?メイド喫茶。みくる、注文の聞く。
キョン「とりあえず部屋っていうタイトルおかしくねえ?」
ハルヒ「それじゃ始めましょうか」
キョン「くつろぎすぎだ。」
ハルヒ「じゃあ。キョン、わたしからの質問に答えてもらうわ。」
キョン「わかった。」
みくるが外でライオン猫とあそぶ。1回目!!
話すことなかった。トーク終了。キョン、ハルヒをしかしつける。
ハルヒ、手を抜いていたことを暴露する。やっぱりとキョン。
だんだんわけわかんねえよ。
キョンとの話もそこそこで、キョンをよく知る長門有希さんを呼び出す。
「有希にキョンのおもしろいエピソードをお願いしようかしら」
「了解」
なぜに、みくるとライオン猫の戯れを見つける3人。2回目!!
「特になかった。」
「だろうと思ったよ」
「きょん、なにもなさすぎ。」
「ゲストなのに怒られてた。」
キョンに今日のエピソードはと話題をふられる。
「もう、三回目だから、みくるちゃんではお茶は濁せないよ。」
なぜに、ハルヒと有希に、パフェが出されている。
「わかったよ。特にないよ。俺が悪かったよ。」
二人、ひたすらパフェを食っている。
「食べるなよ。」・・・謝ってつっこんだ。

ハルヒ「こうなったら。奥の手を使いましょう。」
古泉が来て、シナリオを用意したそうだ。
キョン「話をややこしくするのが来たなあ。」
「このシナリオを駆使すれば、あなたにも宇宙人、未来人、
 超能力者の友達がいるようなエピソードが語れます。」
ハルヒ「なかなかおもしろそうなシナリオね。」きらきらする
   「さすがは、副団長」
古泉「お褒めにあずかり。光栄です。」
キョン「おれは、実体験で語れるよ。」

ハルヒ「じゃ。キョンどのシナリオでいいか選びなさい。」
ばば抜き
キョン「ああ、そういう選ぶ方なんだ。
    じゃあ。これで」

   長門有希のドキドキグルメリポート編

キョン「おれ、関係ないじゃん」
有希、パフェをむしゃむしゃ食っている。
有希「おいしい」
キョン「来るなあ!」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第22話 の感想 [YouTubeアニメ]

あちゃくらさん、家の掃除をしている。
外には鯉のぼりが。。。
家の中にも鯉のぼりが?
とことことこ走るあちゃくらさんのまえに鯉のぼりが。。。
有希ときみどりさんが、鯉のぼりを動かしていた。
風船だからそれを飛べる。

あちゃくら、「なにやってるんですか。まったく。
       ひまなら掃除手伝ってください。」
怒られる二人?

。。。午前中のあちゃくらさんは、忙しいのでかまってくれません。

・・・え、飼われているのにですかあ。

しかたなく、掃除を手伝おう有希。何かいたずらを考える。

えー、鯉のぼりの中にケーキを入れて、捕まえる?

「あー」

あちゃくら、引っかかってくれません。
「まったく、長門さんたら。遊び放しでかたずけないんだから。」

。。。主婦モードのあちゃくらさんは手強い模様

おちこむ、有希。
窓をきれいにして、有希、あちゃくらに褒められて、うれしい。

「それじゃ、そろそろ昼食にしましょうか。
 きみどりさん、手伝ってください。」
「了解です。」

料理を手伝う、きみどりさん。有希は、抱えているだけ?
「ありがとうございます。きみどりさんがいるとはかどります。」
きみどり、頬を赤くする。なんと、人造ぶつがあ。

。。。なんか二人ともあちゃくらさんに手懐けらてきた

三時頃

「ご苦労様です。二人達とも、今日はよく手伝ってくれました。」
有希「これを着てもらえれば、わかる。
「はあ。」

結局は、長門にいじられた。
これはこれで、良かったのではないか。
良く掃除して、よく遊ぶです。あちゃくらは、有希のおもちゃです。
あちゃくらさん、かわいいです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第21話 の感想 [YouTubeアニメ]

デパートの屋上で超人戦隊物の見に行く。
女性陣みんな盛り上がってる。
有希が乗り気でみんながいくが、女性陣盛り上がる。

荒川さんと森さんが出ている。
森さんは、怪人役。

キョンと古泉、外野で見ているだけ、
暇だということでジグソーパズルを持ってきてやっている。

鶴谷さんは、この威圧感は。。。。。
有希は、中に入ろうとして、ハルヒに止められている。
みくるちゃん、うーんおとなしく見ていよう。

鶴谷さん、怪人が楽屋に行くのを見るや追い変えてゆく
鶴屋さんと森さん、激闘。
「その威圧感。だたものじゃなっかんだものね。いっちょ、わたしに稽古
 つけてくれるか。」
「一撃を打ち込むまで」

森さん、ひょうひょうとしている。
鶴屋に投げられるや。
キョンの達のジクソーが完成していたのにおじゃん。
「はああ。」「あはあはh。」

「えええ、すばらしい一撃でしたよお。
 まさか、わたくしもあれを脱がなくなるとは想いもしませんでした。
 ですから、あなたの力に敬意を示し、会えて言いましょう。
 上を知りなさい。」

ハルヒと有希さん、みくるちゃんは、ひげ仮面(荒川さん)からサインを
もらって帰ってくると、キョン達、まっしろになっていましたとさ。

。。。あまり、関わってないのに一番被害が大きかった。

鶴谷さんは、森さんの寸止はずし、目が回っている。
「ああ、もしもし今から戻ります。
 わたくしのお弁当残しといてくださいね。」

。。。今日のロケ弁は中華です。

やっぱり、かっこいいや森さん、戦うメイド戦士だああ。
かわいいし、いいなあ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第20話 の感想 [YouTubeアニメ]

4/1エイプリルフール

長門とあちゃくらの化かし合い、長門さんの勝ち!!。

長門、帰ってくる。
前回、命を持った風船が、空気が無くなり、命が。。。。
長門、あほらしいのでスルーする。

風呂から上がった長門さん。
それをみよがしに、あちゃくら、きみどり?さんと劇をする。
わたしの身代わりに、冷蔵庫の下に下敷きに。。。。
長門さん、ほとんど無視。
あちゃくらときみどりさん、自分達のしていることがバカに見える。

きみどりさん、冷蔵庫のしたからでられなくなる。
長門、冷蔵庫の下から、きみどりさんを無理矢理、引っ張り、破裂させる。
「お亡くなりになりました。」

あちゃくら、きみどりさんの死が自分のせいだと思って嘆く。
長門「そんなに自分を責めないで。」
目を上げると、
ドッキリの看板を持つ長門ときみどりさんがいる。

騙したなあ。うううう
・・・あちゃくらさんは自分の事を棚に上げた。

・・・しかし、風船だからどうでもしいのではないの。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第19話 の感想 [YouTubeアニメ]

谷口、ハルヒに鴨にされる。
恐るべしハルヒ、人間の体を修正する能力がある。
本人が純粋に悪気がないから、たちが悪い。
なぜに、この時期にクリスマスだああ。
しかも、雪が降っている。


みんな、今日はクリスマスパーティーをするわよ。
みくるちゃんしか喜ばない。ハルヒ、キョンを殴る?おい?
そんな低いテンションでいたら、奴らにやられるわよ。

ハルヒ、サンタと戦うつもり、なんと不謹慎な。

鶴屋の免許皆伝?熊との格闘。みくるちゃん、すぐ信じる。
キョン「うそくさ。」

キョンに強制的に隠れさせて、サンタを捕まえるのか?
あはははは、ハルヒ、おもしろくて笑っている。
パンプキンのスカルマンだあ。

夜にサンタに扮した谷口が、プレゼントを届けに来る。
なんだ、コン研に、カッパを返しにきた。だま、持っていたの?

谷口サンタ、ハルヒの手の上で踊らされる。
谷口サンタ、キョンの仮装にビックリする「なんじゃこりゃあ!」
ハルヒ気づいて、サンタを捕まえる。
「サンタだ」・・・・ここに、サンタクロースを信じるお馬鹿がいるわけだ。

ハルヒマジックで、谷口サンタ、ハルクみたい大きくなる。
ハルヒ、サンタを追いかける。捕獲するの?

「なるほど。あの姿が、涼宮さんが思い描いたサンタの姿なんでしょうね。
 涼宮さんの力が谷口君の肉体に修正を施したでしょう。」

ただ、闇雲に追いかけ回していたわけでなく、鶴屋さんのもとに行くように
誘導していたあああ!!
鶴谷さんの一撃と長門のケイが谷口を捕獲する。
      ・・・これは、鋼殻のレギオスかあ?

長門の蜘蛛の糸から逃れて、谷口サンタ逃走する。
・・・・・あはははははははは、
ハルヒ、悲しむ。「サンター」

キョンと長門。。。逃がして大丈夫か。
         心配ない。身体的変化を修正した。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第18話 の感想 [YouTubeアニメ]

花見の続き、ハルヒに穴を掘らされるキョン。

いつになくタッチがまともだなあ。

だれかを手伝いに寄越すとハルヒはシリアスにいったが、

ただ邪魔をしているだけ女達 ・・・幼児

鶴屋、みくる、ゆき

掘るところで砂場遊びをしている。ああ、いいなあ、この風景。

みくるが変な石を見つけてくる。

長門、また難しいことをいう。情報思念体の亜種が宿っている。

延々と説明をするが、みんなわかりません。わははははは。

ゆき、紫の石を投げる。

石が砕けて、キョン達何してたか忘れる?

ゆき、涙目。みんな、わかってくれない。


・・・朝比奈さん達と交代で古泉が来た。

古泉、すでに考えていて応援を要請済み。

荒川さんが、タクシーでやてくる、セキュリティーが厳しいので

ここにとどまれるのが三分くらいかと・・・ウルトラマンかあ。

キョン「うわあ。意味ねえ。」

古泉「それならなんとかなりそうですね。」

ヘリからも人が落ちてくる。通りすがりのスカイダイバーです。

森さん。パラシュートを無くして不時着?ふつう、死にますよ。

古泉「なるほど、ドッジ子。」

キョン「ドッジ子。パラシュートわすれて、落ちたのをドジで済ますのか?」

そろそろ、タイムアウト、二人はタクシーいとまして帰ってしまう。

変な帰り方、車が回っているよ、なんでスピンしないといけない。

なんて無駄な行動しているんだ。

古泉、晴れやかに「嵐のような人たちでしたね。」

キョン「え、なに、そのヒーローものの終わりかけのセリフ。
    締めにはいっている。なぜ脱ぐ。」

そして、ハルヒ達、わさわさとやってくる。

おお、こんなに掘たんだと言われる。キョン、褒められる。

キョン「実力とだけ言っておこう。」

・・・・森さんが落ちてきたとは言えないので
    キョンに無駄な特技が生まれた。


その後・・・・
鶴屋「え、まさか。ここのセキュリティーを突破するなんて」
キョン 鶴谷さんが物騒な電話をかけていたけど聞き流した。
つづく。   キョン「つづくの?」

鶴屋さんと森さんは、戦う運命?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第17話 の感想 [YouTubeアニメ]

(いいなあ。鶴谷さんは、私有地がどんなけあるんだ。)

鶴屋さん、変。みくるちゃん、吹き飛ばされる。

本話が、鶴屋が、きれいにしまっている。

ハルヒ、花見をすることにする。
変な連想で、花見になる。

古泉には、ハルヒの考えがわかる。簡単な思考トレース?

なんか桜の木の下に埋まってそうだなぁ
  ===>
じゃあちゃっと、キョンに掘らせてみようかしら?
  ===>
その間、私達は暇だし。花見でもしようかしら?
(いつも暇ではないの。)

ハルヒ「さすがよ、副団長。」

花見でしかも、穴掘りは必須。

鶴屋さん。「話は聞かしてもらたよ。」

ハルヒ「は」

そうか大きな屋敷だから、私有地でもちろん桜もある。

だから、掘れる。

あれ、みくるちゃんがいるだけでした。

鶴屋さん。すかさず姿をくらましている。

鶴屋「ふふふ。ごめんごめん。」<=== 加速装置か?

「近い戦闘に、備えてトレーニング中」。。。例のメイドとか?

うちの第32号鶴屋自然公園がある。いろいろ曰く付き。

本当に何か出るかもね。

「それじゃ。さっそく今度の休みにいきましょう。」
「おー」

打ち込むキョン。なぜに掘らないといけないんだ。

・・・・キョンは無事に生還できるのであろうか・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | - YouTubeアニメ ブログトップ