So-net無料ブログ作成

鉄のラインバレル #24 鋼鉄の華 感想 [鉄のラインバレル]

浩一、全てのマキナを止める叫び声を発する。
ラスボスを倒し、ハブ・ダイナモを破壊し、
高蓋然性世界との接続を切り、世界を救う。
最後の力の際には、全マキナの力とファクターの命を
引き替えにエネルギーを受け、最後の攻撃をする浩一。
(これは、戦隊ものの**レンジャーアッタクか)
ハブ・ダイナモの破壊で、次元の狭間に落ちる。

次元の狭間で
城崎、ラインバレルにより復活する。
そして、もとの世界に戻ってくる。
その寸前にもう一つの世界のラインバレル、
「鋼鉄の華」の二人を浩一と絵美が見る。ああ、なんて、都合のいい設定。
全てを繋げちゃたね。

最後、ラインバレルで大気圏に帰る際に、
絵美に名前(浩一)で呼ばれるとようになるが、浩一、絵美を
名前で呼べない。
絵美「私が、あなたをなまえで呼ぶようにしたのに、
   あなた、最低です」
あははは、はずかしくて名前で呼び捨てできない浩一。
絵美ちゃんから、対等な関係を求め?恋人?を求められたのに
惑う。
美海には、強制されたのにね。

「鋼鉄の華」の二人と邂逅したのはどういう意味だったのだろう。


------------------------------------------------------------------

浩一「城崎、城崎。何でだよ。なんで、城崎がこんな。うあああ
   殺してやる。殺してやる。殺してやる。」
浩一に同調してラインバレル、赤い光に輝く。


地球に到着した脱出艇
レイチェル「ディソイール活性率、計測不能。
      全てのリミッタ動作不能。
      これがラインバレルの本当に姿。」
緒川「でも、絵美ちゃんが。」

美海「うそ。嘘だよね。絵美ちゃん。」

道明寺「くそう。」

シズナ「なんでや。なんでこんなことになるんや。」

浩一「殺してやる。殺してやる。うわああ」
ラインバレルの赤い光。

マサキ、動じない。

矢島「これは。浩一の声」

サトル「全てのマキナを止める叫び声。だけど。」

ヴァーダント、敵を粉砕し続ける。
森次「マキナ殺し。こんな形で完全活性にいたるとはなあ。
   だが。こうなった以上、誰にも止められない。」

浩一「うああああ」

マサキ、冷静に解析する。
「エネルギーロスの多い非効率的な機体。搭乗者の感情によって、
 スペックが左右されるなど、城崎天児の設計理念は理解不能」

浩一、マサキのネイキッドにいぞみかかる。
「うあああ。」

マサキ「劇圧する感情の力で持って、現状を打破する。
    不確定要素の依存した非現実的な戦略だ。」

浩一、聞いていない「うあああ」戦いを続行する。

マサキ「削除を開始する。」

向こう側から巨大マキナが出現する。
マサキ、巨大マキナと一つになる。

おお、すごく巨大なマキナだ。

浩一「てめえがラスボスか上等だぜ。」
(ええ、ゲームじゃないよ浩一。)

敵の機体がやってくる。

森次「ここを守り切らねば、勝機はない。うおおお」
ヴァーダント、力の限り戦う。

ユリアンヌ「きゃー」宗美にやられかかる。
沢渡「宗美。てめえ。おまえはおまえなりの理由があって、
   戦ってきたんじゃなかったのか。」
ユリアンヌ「機械のような人間になることなんて、理想の未来じゃない。
      そうでしょう。宗美」
宗美、ボーグかされている。マサキに改造された。


巨大マキナに攻撃をうけるラインバレル。
「う」
「すべてを一つに抵抗は無意味だ。
 われらに従い一つになれ。」

浩一「うああああ。」
エグゼキュータを照射する。。


レイチェル、緒川、牧
レイチェル「エグゼキュータの計測限界を越えて、なおも上昇中」
緒川「あいつごと。次元回廊を断ち切ろうっていうの?」

ラインバレルと巨大マキナのエネルギーの応戦
次元回廊の場所が大きな白い光に覆われる。

地上
レイチェル、緒川「あああ」

光が消えるが、次元回廊は健在である。

ラインバレルと巨大マキナはそのままある。

緒川「そんな」
牧「距離が浅い、ポイントヘリオスのハブ・ダイナモも健在だ。」
レイチェル「なんてどんでもない敵なの。」

ラインバレル、漂っている。
・・・・浩一さん、浩一さん。
浩一「う、あ」
霊体の絵美が浩一の手を触る。
・・・浩一さん
浩一「き、城崎。」
城崎の霊体をみる浩一。
・・・・あなた、私に約束しましたよね。
    絶対正義の味方になって、この世界を守りぬくって。
    なのにこれは、なんですか。
    たかが、わたしが死んだくらいでめそめそして、
    周囲を顧みずに暴れて、
    みっともなく気絶までして、
    それでも正義の味方ですか?
浩一「あ、ごめん」
・・・・・あ、本当にあなたは最低です。(優しい口調の最低)
浩一「う、な。はあああ」
浩一、城崎を見て、
「やっぱり、厳しいなあ、城崎は。」そうです、加藤久嵩の妹ですから、。
「でも確かにこのままやられぱなしというわけにもいかねえ。
 ようし。」

敵の継続的な攻撃
浩一、敵を叩きながら、進む。
浩一「うおおおお」
敵をなぎ払い。
巨大マキナを一刀両断する。


緒川「いいわよ。早瀬君」
レイチェル「その調子で一気にかたずけちゃいなさい。」


矢島「浩一。やっぱりすごいな。おまえは」

道明寺「それでそこ、おれらの軍団長だぜ。」

シズナ「早瀬」
イズナ「僕達も負けてられないね。」

美海「この世界を。浩一君が守ろうとしている場所を絶対に守る。」

サトル「それこそが僕たちがここにいる意味だ。」

ヴァーダントで敵を叩く森次
「くうう。どわああ。」痛手をくう、
サトル「森次さん」
森次「問題はない。痛みなどこの体に通用しない。」


ユリアンヌ「あたしたち、そろそろけりつけなくちゃね。」
沢渡「ああ、そうだな。うおおお」
宗美にいぞむ掛かる二人。
動きが止まる宗美。
二人「うあ」
宗美「ぐあああ。お願い。殺して、僕を。殺して。」
ユリアンヌ「う、宗美。あんた」
宗美「今のうちに、早く」宗美、一時的に人間に意識が戻っていた。
沢渡「わかった。今、楽にしてやる。」
沢渡、宗美を殺す。
ユリアンヌ「う」悲しむ。
沢渡「あ」


ヴァーダントと敵との攻撃

ラインバレルがサ再度巨大マキナにいぞみかかる。
浩一、絵美をしっかり抱える。
「うああああ。」
エグゼキュータでX切りをする。
巨大マキナ、完全に破壊される。マサキ、消滅。
巨大な破壊の光黄色いが宇宙を覆う。


緒川「敵巨大マキナ、完全に消滅」
レイチェル、牧喜ぶ。

ヴァーダントとラインバレル

レイチェル「重力の異常もまったく確認できないわ。」

ラインバレル、通常のモードに戻る。
浩一、絵美を抱えている。
「城崎、なんとか任務は果たせたみたいだぜ。これで」

あー、また赤い光が出現する。
浩一、それを見る。


緒川「ああ。ポイントへリオスに再び重力の以上を確認。」
牧「どうやらさっきの爆発の反動で、高蓋然性世界の次元構造が
  ゆらぎ始めたようだ。
  このままでは、向こう側の世界とこちら側の世界がぶつかり
  あってしまう。」
緒川「そうなったら、いったいどうなるんですか。」
レイチェル「お互いの世界が、量子レベルで崩壊して、ぐちゃぐちゃに
      混ざり合ってしまうわ。」

浩一「そ。そんな。」

次元回廊が大きくなる。


地球
不安そうに空を見る人々。
理沙子を守るジャック。「ううん」


浩一「今度こそ。あの穴の中心をぶった切る。
   それでいいんだろう。」

牧「理論上は、確かのそうだが、」
レイチェル「でも、それだけのエネルギーがラインバレルのは残ってはいない

。」

浩一「それでもやるしかない。」
胸に絵美を抱えている。
「でなきゃ全部終わりなんだ。」

ラインバレル、エグゼキュータにエネルギーを集める。

レイチェル「むちゃよ。バックアップもなしにそんなことをしたら、
    時空の狭間に飲み込まれてしまうわ。」

浩一「ふ。ナイスは展開じゃないか!
   力がないからなにもできない。
   おれはずっとそう思って、なにもせずに生きてきた。
   けど必要なのは、力じゃない。
   なにかしたいって強く思う気持ちなんだ。★★★★
   おれは、この世界を守りたい。
   ここに住む全ての人々を守りたい。
   だから、俺はいく。
   それが俺の正義なんだ。
   うおおおおお。」

レイチェル「待って、浩一。」

森次「レイチェル。ファイナルフェイズを起動しろ。」

レイチェル「え、でも。フラッグもシャングリラも。」

森次「その分は、わたしのヴァーダントが引き受ける。」

レイチェル「そんな」

サトル「ファイナルフェイズ?」

レイチェル「プロジェクトJUDAの緊急プログラムよ。
      すべてのマキナのエネルギーを収束させ、
      ラインバレルに送り込むという。」
牧が残念そう、緒川さんが悲しそう。

美海「なら、今すぐそれを」

レイチェル「だけど、その直後にディソイールが完全に枯渇して、
    マキナが停止するの。そうなれば、ファクターの命も。」

サトル・美海・矢島・シズナ、イズナ
「あああ」

森次「かまわん。ヴァーダントをラインバレルへリンクしろ。」
ヴァーダントを広げて、反射鏡のようにする。

レイチェル「で、でも」

美海「私とペインキラーのエネルギーも浩一君に届けて。」

他のファクター同意する。
「うん」

浩一「くそう。あの中心をぶった切るまで、それまでがんばってくれ、
   ラインバレル。」

レイチェル、最終フェーズへ取りかかる。緒川。牧も。
ああ、赤いスイッチが出来てくる。
(ヤッターマンでは、自爆装置で出てくるタン。ポッチとな?)

緒川「いくわよ。みんな」
緒川の肩に手をかける「う」
牧「わたしがやろう。」
牧「プロジェクトJUDA ファイナルフェイズ 起動」
スイッチをグーで叩く。
システムが起動し始める。

美海のマキナのエネルギーが      ピンク
矢島のマキナのエネルギーが      緑
サトルのマキナのエネルギーが     黄色
シズナ・イズナのマキナのエネルギーが 赤
タリスマンのマキナのエネルギーが   水色

それが、ヴァーダントに集められる。
森次、苦悩する。蒼く輝くヴァーダント
「うおおお、ぐううう届け。」
虹色のエネルギー集まり、がラインバレルに照射される。
(うーん、これって戦隊ものの**レンジャーアッタクか?)

光は、ラインバレルに届き、エネルギーが充填される。
(あれ、こんあメータ見たのはじめて?
ナイトメアーフレームのメータと似ている。)

浩一「ああ、エネルギーが回復した。」

森次「早瀬。全マキナのエネルギーをそちらに送っている。」

浩一「え」

美海「私のすべてを浩一君にあげる。」

矢島「どうせ一度は無くした命だ。
   これでみんなを守れるなら。おしくないさ。」

サトル「命を力にか。本当にヒーローみたいにかっこいいすね。」

イズナ「大丈夫だよ。姉さん。
    早瀬さんなら。絶対にやり遂げてくれるから。」
シズナ「うん」


道明寺「はあ、みんなもうひと踏ん張るや。
    これが終わたら、全員笑顔で南の島にいこぜ。」

浩一「みんな」
城崎、浩一の胸に眠っているみたい。

森次「他人の痛みがわかっても、そこから救ってやらなければ意味がない。
   そう、意味なんてないんだ。
   加藤久嵩と石神社長が守ろうとしたこの世界を守ってくれ!
   彼らがそうであったように、
   私もおまえが正義の味方であることを望む。」
森次、苦痛に耐える。
浩一「わかりました。」
ラインバレル、エグゼキュータで次元回廊へ行く、

矢島「まだまだ。足りない。」

サトル「もっと、もっとだよ、ハインド」

イズナ「いけえ」

美海「浩一君」

道明寺「邪魔をさせないぜ。」

ユリアンヌ「あああ、最後の最後で坊や達がいいとこって行くのね。」
沢渡「つくづくむかつく存在だぜ。ファクターってやつはよ。」

サトル、シズナ・イズナ、矢島、美海が振り絞る。「ううう」

森次「うう」

(**レンジャーアッタクよ)

ラインバレル、エグゼキュータで切りかかる。
浩一「うあああ」
ハブ・ダイナモを一刀両断する。
次元回廊が切れる。
浩一の顔
絵美ちゃんの顔。。。そこやかな寝顔?
ラインバレル、次元に飲み込まれる。
次元の歪みが爆発して、大きな赤い球体になる。

地上での
理沙子「あああ」

赤い球体は、収束して消滅する。

後には、普段の青い星地球の姿に戻る。
宇宙空間には、向こう側の世界の兵器の破片が浮かんでいる。

地球上の向こう側の敵は、活動を停止し、
とらわれていた人々が解放される。

ジャックが黙祷をする。

矢島のアパレシオン

美海のペインキラー

シズナ・イズナのディスイーブ


緒川さん達の脱出艇
牧「ハブ・ダイナモ 、次元回廊ともに消滅。
  高蓋然性世界との接触は絶きられた。
  しかし」
レイチェル「ラインバレルのシグナル。ロスト。
      全マキナ。完全に沈黙。」
涙を流すレイチェル。

道明寺「ちくしょう。ちきしょう。ちくしょーう」

ユリアンヌ、聞いているだけ。
沢渡、残念そう。

人々、助かったことに気づく。
みんな、うれしい。

青沼と五十嵐
青沼「世界は守られた。」
五十嵐、空に敬礼をする。
青沼「かれらが命をかけて、守ってくれたんだ。」


そのころ、浩一と絵美は?
次元の狭間にいた。
あー、スタートレックのワープみたいだ。
絵美の手が、浩一に触れる。(えー)
浩一、気がつく。
「あ」
絵美が浩一を見ている。
浩一「き、城崎。ど、どうして」
絵美「ラインバレルが助けてくれたんです。」優しい城崎の目。
浩一、城崎を不思議そうに見る。
「ああ」
城崎の手を、みぎり締める浩一。
「城崎」
浩一、城崎をだきしめる。
浩一、感慨深い。絵美ちゃん、うれしそう。

そうしていると、明るい光が近づいてくる。

別のマキナが。。。。

二人それを見ている。

ああ、鋼鉄の華のマキナだ。

それを見ている二人、操縦席には、同じように男女が乗っている。

別の次元の浩一と絵美ちゃんだ。

ラインバレルの浩一と絵美はそれを不思議そうに見ている。

ラインバレルと鋼鉄の華のマキナが交差したとき発光に包まれて


フラッグの司令室が写る。
なにかを感知する。


緒川「は、ラインバレルのシグナルを確認。」
レイチェル、牧「え」

ラインバレル、元の世界に戻ってくる。
眼下に青い地球。
浩一「はあ」
絵美「え」


緒川「早瀬君。絵美ちゃん。」
牧、レイチェル喜ぶ。
レイチェル「サトルも。みゆみゆも、みんな生きている。」
牧「おお」
牧と緒川互いにみあう。
緒川「よかったあ」

美海「う。あ」

シズナ、イズナに手を差し伸べ起こす。
空をみて「あ」

ヴァーダント、大気圏突入する。
森次、身を任せる。もういいか。役目は終わった。

サトル、ヴァーダントを捕獲する。
森次「ああ」
サトル「うおおおお」
サトル、ヴァーダントとともベヒモスに降り立つ。
サトル「ひとりで勝手にリタイヤなんて、許さないすよ。
    森次さん。
    死んで責任とるんなて、
    そんなの社長が喜ぶわけないじゃないですか。」
森次、唖然としている。

JUDAの社員寮にみんなが集まっている。
理沙子とジャック・スミス

青沼「理沙子君。」
理沙子「あ」
青沼「今、緒川さんから連絡があった。
   異世界からの侵略は阻止され、早く君は。」
管理人の犬が青沼に飛びかかる。「うわあ、やめろ。顔をなめるな。」
管理人さん、空を指出す。
空には、光てんが見える。
理沙子「うん」

理沙子「あ、ああ」

矢島「おおーい」
理沙子「矢島」
矢島「理沙子、あいつを迎えにいこう。」
理沙子の手をとって、矢島引っ張る。


大気圏上のラインバレル

地上では特自が、喜んでいる。

大気圏上のラインバレル

浩一の母、妹、矢島の妹、フルヤが空を見ている。

大気圏上のラインバレル

沢渡、ユリアンヌ

大気圏上のラインバレル

脱出ポッドからでた、緒川、レイチェル、牧達
緒川「社長。お疲れ様でした。」


森次「正義の味方か。」
サトル「え」
森次「あいつが、早瀬が正義の味方であることを本当に
   望む人々がいた。
   そして、望み通り世界は守られた。
   皆にそうあれと望まれ、ひとははじめて正義の味方になるんだ。」

ベヒモスを操縦するジュリーの妹

ラインバレル大気圏突入。
浩一「やべえ。もうすぐ、大気圏に突入してしまうよ。ああ、どうしよう。」
絵美、冷静。
絵美「もう、ちゃんとみんながこちらに向かっていますから。
    大丈夫です。」
浩一、パニックてる。
浩一「ええ」
絵美「それに、ラインバレルは停止しましたけど。
    地球に帰還するぐらいなら、
    私たちの生命維持にも問題ありません。」
浩一「あ、そっか。う。
    ラインバレル、俺がここまで来られたのはおまえのおかげだ。
    それにおまえ自身と引き替えに、城崎まで助けてくれた。
    ほんとにありがとな。」
城崎の目がやさしい。
絵美「浩一さん」
浩一、頬を赤らめる。
浩一「な。あらためて聞くと恥ずかしいな。」
絵美「そうですか。じゃあ。浩一。」
浩一「な、それも、その。あの、城崎。」
絵美「私は名前で呼んだんですから、あなたもちゃんと名前で呼んでください」
絵美、つめいる。浩一、困っている。
浩一「な、名前って。」
絵美「絵美です。」
浩一「いやあー。わかってるけど。その」
絵美「あ。う。」
浩一、照れている。
絵美「あなた最低です。」やさしい最低のことば。

地上の浩一が死んで甦ったことの碑が映される。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0