So-net無料ブログ作成

迷い猫オーバーラン! #09 迷い猫、泳いだ の感想 [迷い猫オーバーラン!]

もう、夏かよ。さきどり、
希、テレビの海の映像にくいる。両方に猫たち。
それを見えいる三バカトリオと狼少女。
「たのしそう。」
海、行きたいのか?みたいだけど、
わかりました、そういうことなら、ストレイキャッツ慰安旅行に行きましょう!
慰安旅行?
にゃあ。


電車でいく。遠足気分満開の家康と千世。はっしゃいでる。
こっちが恥ずかしいじゃない。
こういうのは、童心に帰った方が勝ちなの。
バカで結構です。
殺していい。まあまあと。
乙女姉さん、希に冷凍ミカンをあげる。はじめての。。。
千世がいってれれば、ストレイキャッツの慰安旅行なんだから、こういう雰囲気も
楽しまないとね。
なんでこいつも。指さすな!だって、千世ちゃんもストレイキャッツのバイトさん
だしね。ねーと(童女の笑顔)
菊池のアホな鈍行鉄道プランはほっといて。

そうこう行っている海が見えてくる。


海について、水着姿の男ども。
準備運動で、コントをする千世と家康。
千世、巧に水着を疲労する。どう?  あ、うん、まあ。
おこちゃまが、無理して大人ぶっているみたい。。。。千世が家康を追いかける。

希「待った?」
ああ、いやあ。待ってないよ。
似合う?
ああ。うん。
気に入らない?そんなことは。
着替える。
似合っているからやめて。

後ろで気にくわない文乃。こんなアホの連中の意見を聞かないで。
アホって。あ、あたらしいの買ったんだ。
じろじろ見るな。・・・本当はうれしいはず。
真打ち乙女姉さんが水着を疲労する。こんなところで、ケンカしないの。それ!
乙女さんが水着に着替えると。 いつも。 。。。やっぱり外れる胸のところ。
ああ。
やっぱり!
あら。希ちゃん。
なんて、期待の裏切りなのだ。この猫耳。
乙女さんはTシャツを羽織っていてください。 ええ!?


千世。仕切り直す。
希のリクエストにこたえて海に来たんだから、希のやりたいことをなんでも
叶えてあげるわ。さあ、言ってみなさい。
困っている?希。なんていうかわからない。
千世が、夏の海と言えば、定番の全てを体験させてあげる。ああん、楽しそう。
わかった。のぞみ。  うん。


海に走ってはいるみんな。  文乃、ちょっと気合い入れてきたのに。
海で海水を掛け合うおんなたち。  定番ですな。乙女姉さんの胸に感激と家康。
千世の胸で、残念ですな。 成敗される家康。

スイカ割り。
千世は、巧を追いかけて来る。下僕なのにちゃんと指示をしないからと。
倒れて、立ち上がる巧のはらに手を回す希、文乃と千世がおお。ダブルパンチ。
だいじょぶ? 攻撃的な猫に襲われて。
希に注意する文乃。先駆けはだめということがそれぞれちがう。にゃあでごまかす希

ビーチバレー
巧、文乃、希と千世とメイド2人。お話にならない。

全部制覇したわね。
疲れているみんな。千世は、お子様だから、力があまっている。
希、満足した? 無反応の希。 みんな。まだあったかな。
違う、うれしかった。海に来て、みんなと遊べて、楽しかった。みんなは?
うなずくみんな。楽しかった。

千世の暴挙は続く。まだ、終わりじゃないわよ。たったいま、夜の部を開催すること
が決定しました。
え!まじで。


乙女姉さんのサービスシーン。露天風呂シーン。おっぱいはお湯に浮くのよ。

海岸をあるく文乃。巧が待っていた。ふたりで、話をする。
たわいのない話をする2人。ムードなし。
千世の思いつきで泊まりになったこと。その回想。名前で無理を押し通す千世。
文乃の言動を解釈する巧、狼少女はいっていることが内心と違うのだ。
難なく2人でいる。文乃、すなおでない。貸しボートを見えて。
乗る? 絶対に乗らない?


そのころ、定番の対戦をやっている後のメンバー
乙女姉さん、千世と男達。乙女姉さんの胸に翻弄されるのでした。
いけない。いけない。油断するといつもこうなのよねえ。 唖然とする千世。


巧と文乃は、ボートで沖に出る。
機嫌が悪そうな言動、それを顔を見て、意図をはかる巧。
<ほんと、まったく、この狼少女は。>


宿にて、千世、巧がいないことに。芹沢を捜しに行くっていっていたと。
あんまり気にしないみんな。
外は天気が崩れてきた。  あ、雨。


巧と文乃は、雨が降られて、近くの島に避難をする。怒っている文乃。
ボートをあげて、
近くの倉庫のようなところに雨宿り。
雷がなって、文乃、巧に抱きつく。巧がわるいといわんばかりにいう文乃。
この状態でするのよ。
ボートが流されてしまったことに気づく。
怒る文乃、泳いで取ってきてと。死んじゃうよと巧。
どうしようもなくなった2人。
明日になれば、どうにかなる。ということは、ここで一晩過ごすことになる。
自己防衛に走る文乃。しどろみどろの薬味。
じゃあ、誓えるの。一晩いて、変な気を起こさないって。あんた、誓えるの?
あ。おお。
誓えるのよ、誓います、一晩だろうと、二晩だろうと、文乃と2人きりでいても
変気を起こすなんて。絶対に、これぱっちもありえない。
だまりこむ文乃。
ああ、文乃。近寄る巧。文乃が平手で叩く。・・・それはそれでいや!
あんた最低!泣いている。 ・・・うらはらですなあ。
なんで? ・・・気づいてないから。


宿で気にしている千世。なんかあったんだわ。
まさか、ほんとうに旅館の中で迷子になったとか?
いやいやまさか。
しかし、これは尋常でないぞ。
女将から、巧と文乃が借りたボートが返却されてないと
千世、海上保安庁に捜索艇をださせる。すげえ。・・・ばかはと。


雨もやんで、島に取り残された2人。星を見る。
2人で独り言を言い合う。
昔、2人で星空を見たなあ、獅子座流星群を見ようとして
星に願い事をたくさんと
文乃が星になにをお願いしたんだと巧。願い叶ったか?
叶ってない。
どうした?文乃。どっか具合でも。
こないで!
あ!
叶ってない。なにも叶ってない。巧がいなくなっても私、1人でずっとお願いし
てきたのに。全部巧が悪いんだ。全部、巧が。
文乃。
文乃立ち上がる。
なんで、わかんないの?なんで、気づかないの?このう!
う。あ。。。。文乃が巧に倒れ込む。
あ!
ああ!

そこに、ライトが
え!
千世に見つかられた2人。
なんかエッチなことをしようとしていただろう。
巧、文乃が急に熱を出してと騙しに入る。
熱が出たふりをする文乃。


乙女姉さん、まあまあ。今夜はお赤飯かしら。
え~。冗談じゃないわよ。
おまえも、何か言ってやれよ。
ノーコメント


巧、文乃看病。
なんか変なかけ声。・・・って、出産?


帰ってきて、巧と文乃関係を観察する千世と家康。
なんか初々しい2人。

あらあら、なにしているの?
いやねえ。巧と芹沢の様子がおかしいです。
うん?

なんか意識しあう2人。

あら、あら、あれは、本当に
三次元女につき合うなんて、男のかざかみにもおけん行為だ!
巧と文乃がなんて!絶対にあたしは認めない!さあ。ぶっつす。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0