So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

バジリスク ~桜花忍法帖~ 第6話 凶雲、胎動す の感想 [TVアニメ]

四年後、秀忠に、サル狩りをしたことの諫めで・・・
言い訳しなし。

忠長は上州に流され、数年後。

修練。。。変化
。。。身体が成長して。
鍛錬。 
小屋で色気合戦。 見ていた目。

囲碁をしている才蔵。。。なんか井伊を思い出す。
。。。コウモリ


。。。川
現と涙。 向かう先。


小屋。。。転寝にレンコンの調整

おとし茶屋。繁盛して。

江戸城。 家光。。。あっろでっぷり。
忍び込んでいるのは

店の売り上げ。皆で噂、成尋衆のこと。 八郎とのこと。今はいないがいつか戻ると信じて
それぞれがすること。成尋衆が来ることで。
響には、八郎が戻るとも。

響はあのときのことを。あのときからどこにいても八郎を感じられて。

針等は1人剣を磨く。成尋に言われたことが離れない。


。。。蔓橋
八郎はそこで男と会う。技試し。
剣の技。そとも体術。。。蛇の身体のような男。

。。。異変

男は八郎に用件を話す。忠長からのお願い。妙な城の出現。
叢雲。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。