So-net無料ブログ作成

盾の勇者の成り上がり 第20話 聖邪決戦 の感想 [TVアニメ]

メルロマルクの女王が自ら動く。女性正統王家。
。。。王様はエセ。 こXあみたいに。

いやっと教皇。、、なんかだいさくみたい。
大聖堂で追い打ちを。 趣味の悪い固有結果。
信者の魔力だする教皇。さすがはゲス。

もうラッシュでいくが、尚文の呪いも通じない。
外にむけて、祈りを。無茶をさせる。 神と悪魔の戦い。
・・・死んだ方が悪魔ね。 そして、転生先ははんとうかな。

勇者らは盾をあてに。チート? 。。。そんなわけないと。
尚文は博打を。前の大丈夫と。 つかうことにカオスシリーズ。 解き放つと支配しようとドラゴン。
。。。ダークサイドに落とそうと。 内から湧き上がる怒り。誘うドラゴン。
憎しみと怒りをすべて吐き出して。
。。。あのとき使った快感。
飲み込まれる尚文。 

。。。おかしくなる堕天。 火の病気?

尚文は落ち込んで。 止めにフィーロ、ラフタリア。メルティ。
心からの声が届く。 尚文は戻る。 ともに分かち合う。
。。。大陸ではありえないこと。 

尚文を支える3人の女性。 勇者らは尚文が戻って。 尚文からの協力のこと。
尚文の指示。

教皇。最後の攻撃。。。。尚文が止めに。
代償のことを尚文。 見せる盾。 気づくエセ神の使徒。

たたき込み。教皇に攻撃。 指示された通りで。
シールドがはずれて。
教皇が火の魔法。 尚文とフィーロ。。。。取り込んで魔法攻撃。
食い殺しに。 効かない教皇。 無我の境地。

。。。カウンター
教皇がすること。弓で、いたぶり。数でいく反射。。。。幻影。
幻想で押しつぶしに。

教皇の攻撃。女王が足止め。 氷漬け。 尚文は攻撃。生け贄に。
尚文、血がでて。 あきれる教皇

。。。で、最後に生け贄になる教皇。悪だったのね。
折れるまがい物、四聖の道具。

大聖堂はとけて、おちこむ教徒。 女王が押さえに。
尚文は出血。 3人は気にする。 女王は宣言する。死なせさせません。 自己紹介する女王
尚文の目がきつい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。