So-net無料ブログ作成

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第8話 燕雀いずくんぞ の感想 [TVアニメ]

澪は調べて。龍蔵寺の母がいったことを。 燕雀いずくんぞ
たくやと先生の関係に。

絵に、あの場所との関係性。
。。。で、父が電話で話す会話を聞いて。よりあやしさ。

澪は父から提案。 遠ざけることを。国外に。 強引に進める。

たくやは頭いた、絵里子先生が絡む。先生がさそう、なんかエロ親父的。
たくやはのって、マッサージ器。内緒のこと。
ナイアーヴ。 ある種催眠状態。
波多野がくる。 たくやがバカを言う。絵里子が機械をはげしく。

たくやは語り、美月が声を。 頭がいたいわけ。龍蔵寺の催眠術。
いつもの?  たくやのことに違和感。 島津とたくやの関係。

教室う、島津澪は悩み。結城が気にして。  澪はたくやを誘う。
三角山を調べること。

絵里子はきつい授業。たくやはズルをする。
澪の家にたくや。  香織はみはっている。

澪が調べたこと。たくやはふざけて。 
双子岩の文字。 たくやがいうこと。。。全裸に澪は。

神奈はメモを。 呼び出しに。男は・・・

三角山に何かあることを澪。 龍蔵寺のタペストリーと一致性。
着替えに澪。 島津値地がきて、ややこしくなる。 ごまかす澪。
男の気配に島津父。銃を。。。クマ?

助け船。それは、結城。
たくやに逃げて、先に三角山へと澪。 結城は門前で、銃を。

たくやは双子岩。そこでのことを。
澪はくる。靴をもって。手にはシャベル。 入り口を探して。
有馬広大の研究。  探す扉。

なにかを見つける澪。 足をひねる澪。たくやがやさしく。
背負って帰るたくや。からかい。。。いたわり。

保険室。絵里子先生はいない。たくやは足の手当。
澪は空を見て。たくやは悩みを聞いてやると。 父が汚職への関係。
澪は街から去ることを。 聞いている結城。

美月先生がくる。秘密をはなす先生。
澪のたくやへの思いをばらして。  外には結城。

澪とたくやは。。。

神奈と男。

学校。澪はたくやに抗議。 島津父の噂が掲示晩に。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。