So-net無料ブログ作成

恋は雨上がりのように 第9話 愁雨(しゅうう) の感想 [TVアニメ]

花火大会
あきらははるかと待ち合わせ。 ボーイッシュははるか。
その他に子供らが

屋台。
あきらのことで、  お子さまらは用足し。

ヨーヨーすくい。二人ですること。
赤。 連想。

二人だけの時間。 はるかは。。。
部活の話。 はるかはさそう。

で、店長をみかけて、あきらは。 はるかのかん。すぐに顔に出るあきら。
はるかは、あきらと話ができずに。 ケンカに。。。戻れない関係
はるかは泣き出して。

。。。気まずさ


高田馬場。近藤は九条にあいに。
なつかしい場所と。 つま。みそ田楽。

久しぶりにあう。ことに。
ちひろの本のファン。若い女性。
近藤は手にいれて呼んだ本。

ちひろは、大学の時の同人誌を。 。。。昔話

店長がしいていること。今も書いている小説。 人に話すこともなく。
昔のことをネタに

呼んで歩く二人。どうするかに。歩くことに。
ちひろはごね出す。お子さま。 。。。川。 月が移って。
ちひろがいうこと。

さっさとタクシーで会えるちひろ。
小説のことで話し。  
。。。 大人なく同級生。

。。。思い出す学生時代。 青春のとき


あきらは学校で。 はるかに嫌われて


店、店長は橘さんのことを。
話をするきっかけ。 元気がないことを。 。。。あきらはわけを。友達とのケンカ。

店長は思い出す。今夜って。

バイト終わってあきら、店長に誘われて、外の月を見る。
。。。スパームーン。願いを賭けてくれる

店長はのこの間。ケンカわかれした友達との再会。
店長はあきらを勇気づける。

。。。欠けても満ちるときが来るように  願いがけをするあきら。
nice!(3)  コメント(0)