So-net無料ブログ作成

恋は雨上がりのように 第10話 白雨(はくう) の感想 [TVアニメ]

月を見ているあkりあ。はるかのことを思う。
撮る写真。 不思議がる母。
。。。家のことを。 そこには古本市の


待ち合わせ。関係は友人。
横浜のレンガ倉庫。

そこで会う古本の店主。 古はがき。
世界で一番短い手紙。 。。。暗号で意思疎通。
店長がいうこと。   店主は彼の好きなものを。

店長は集中して。 あきらは姿を見失って。

。。。連絡はせず。
高校の仲間からの。

はるかは学校をでて

古本市。 あきらは興味を
メールでかわす記号。

店主は、近藤のことを話す。店長は戻ってきて。
値引き交渉。 。。。まけて店長
はがきは、あきらに選ばせる。

帰るあきら。

はるかは、仲間と茶店。

あきらは定期検査。。。。先生らは無理強いさせない。
戻る意思は本人次第

近藤は飯時。 知人がテレビで。九条ちひろ
小説は恋人

店長は昔のことを。過ぎ去った日。
。。。今は。

すれちがう関係。昔と今の自分。
。。。しがないファレスの店長

見ているあきら。


店長はパソコンを。 あきらがくる。 あのときに買った本。本での相談。
しおり。 。。。すかし。。。でなく剥がれた。  つばめ

つばめの巣の話

例え話をするあきら。。。。それは自分
店長がいうこと。 あきめなら、後悔で見続ける大空。

あきらがいうこと。店長のことばを呼んでみたいと。
いうことが遠回しで。店長の書く小説がすきですと。

店長はその言葉に。
nice!(3)  コメント(0)