So-net無料ブログ作成

恋は雨上がりのように 第11話 叢雨(そうう) の感想 [TVアニメ]

部活。。。帰宅する者。
それぞれお。

陸上部。 アキレス腱断絶した者の復活。倉田。
はるかは

あきらは。。。本を

はるかは、あきらのことを。

あきらは、バイトのシフトを。 顔はあかい。 店長と会える時間。


。。。下校、はるか。降り出す雨。
SNSでのお知らせ。 あきらを見つけるはるか。聞こえません。 追いかけて・・・
駅。すれ違い。はるか。


あきらは、バイトに。 皆からのメール
シフト希望。たくさんいれて。 
店長は忙しい。

。。。店長は途中で戻って

はるかは店に。あきらと目を。 そっけなく、あきら。  はるかは、陸上にと。
見てしまう店長。
はるかは、あつく語ることに。 

日はかわって
店長は、電話を。。。店長の家。 おかしな男達。 ちひろ。

サイフォンでコーヒ-。本格的に。
あれ出せと。 原稿用紙。 昔のことを。

できるまでに書く。。。中途半端に。 一分小説。
はしゃぐ2人。 過去にしたこと。

映画科することでいいあい。
ちひろは、近藤になにやら、過去の確認?
店長がかけないわけ。 自分自分が足かせ。

。。。近藤がいうこと。 
2人で外を

その夜、執着について店長

あきらは、なにやら走ることに未練。


日がかわって。 伝えられたこと。
少女に忘れ物と。携帯。。。届かない声。 走らない。


店長はあきらのことを。
シフト希望の確認。 やりたいことがあればと。
きっと、あきら。

。。。大雨。ぬれて帰る。
店長は・・・・背中を押したつもりが。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ