So-net無料ブログ作成

ぼくたちは勉強ができない 第10話 かの新天地にて迷える子羊は[X]と邂逅する の感想 [TVアニメ]

唯我は夏休み、受験生には、予備校の夏期講習。そこで遭遇する背の小さな女の子。
わかる先輩。浪人生の子美浪。 最初は最悪の出会い。
。。。まだスケールダウンだけまし。 街にはホビットなみの老け顔こびともいる、。

唯我は予備校の洗礼をうけて。子美浪から聞かされて。失敗談。
唯我がいうこと・。

帰り道、迷子になる唯我。 誘い込まれて。。。いかつい男達に。
そこはメイド喫茶。金が掛かる。  逃げようとして。。。再度そうぐうするは先輩。

。。。事情。 人気ナンバーワンメイド。
男達から姉御と。おっさんに慕われて。 都合が良い店と。
子美浪の模試。リカはダメダメ。医学部なるには。。。
教えがうまい唯我。 店に入り浸る唯我。。。子美浪の勉強を。

。。。夏の暑い中。唯我は物活。おっさんと。
くるあすみ。 父親。

唯我は子美浪の家に。だめだめ診療所。
あすみへの問いただし。 嘘をいいだすこと。 口裏を合わる唯我
親子でケンカ。 医学部には?
唯我がうまいこという。それなるに。。。いうことが、誤解を?
おじさん。。。お義父さん。。。それはいいのか?

子美浪は唯我に、御礼。


で、ファミレス、唯我と子美浪、接触。
三人にも顔合わせ。


予備校。三人も夏期講習。三人で相談して。
子美浪に唯我は説明。  だめだめ三人。根を上げて。。。先生とばかり
ダウンする三人。
子美浪が助言。先輩として。。。慕う三人。

開かれ際。大雨。 騒がしい三人。
子美浪の家で雨宿り。 ぬれてすごいことに。
うるかは、下着がうつって。
文乃は、あすみの父親と話。。。。唯我が彼氏?

文乃は唯我に彼氏の件を問いただす。
あすみが頼んだと。ごまかす事情。。。。特別におもっているわけじゃあ。
あすみがおもわせぶり。 文乃に揺さぶりをあすみ。


メイド喫茶。唯我は嘘に。。。あすみを見て。
あすみは三人の誰が本命。 受験がおわったらどうするかを。

。。。あすみは特別に。
迫ること小悪魔。
オムライスに書くこと。 「この たらし野郎が」
nice!(2)  コメント(0) 

RobiHachi 第9話 亭主の好きなヒザクリガー の感想 [TVアニメ]

。。。なんか別の世界線。
月へ第一歩はハッチの祖先。日本人が人類初の月に、そして異星人とも接触
。。。こりXんとかでなんく。エグザイルなえん人。


ヨッカイチマルシェにいくロビーら、ヒザクリガーの修理。
この星で作られた船とロボ、そしてイックも。

帰ってきたとイック。感動?誰もいない
お迎えは。アルマーニ。なんか頭にアホ毛。事情をロビー。
修理は金でなく、アニメの素材がほしいとアルマーニ。 なんか
。。。這い寄るニャル子さんみたい。

幻の映像が見たいと。
過去のこと。ロビーの家が金持ちになったこと。
倉庫にあったもので。あっさり、それで修理オッケー。 
ロビーは、アニメ制作の監督。

修理まで、ロビーらは街を観光。なんか秋葉原。
ヒザクリガーの専門店

戻ってきて、良い感じにアルマーニ。いろいろオプション。
ロビーをヒザクリガーアーカイブに。。。なんかNHKみたい。

ヤンらは追ってきた、ヤンを探して。
ヒザクリガーアーカイブでの上映会。そこにいるとヤンの男のカン
。。。せめだけに。臭覚がすまされて

白黒アニメ。どんだけふるいの?
。。。長いOP

上映会。するだけして。見ているのは数人。 ロビーは紹介されて。
お気に入りで話すオタクな連中。格好は、擬態かも。。。ざいにちみたいに。
。。。いろいろ。

意外な盛り上がり?あやしいかも。
それぞれ。最終話のことに。見つからないフィルムとビデオ。
。。。何十年かするとだめだったものもそういうことになるかも。
内容の想像。妄想。  ロビーは知っている最終回。見たことあると。じいさんに見せてもらったと。
それの在処。お棺の中、天国へ。
ロビーがみたもの、無理矢理思い出させることに。

ロビーに装置をつけて、記憶の取り出し。こんなものを。
とんでもない記憶。 後遺症。記憶喪失になるそうな。

ロビーは無理矢理取り出しに。。。そのアニメ上映。 思い出映像
ロビーはいやがって。
そこにヤン。阻止に来る。

ロビーは助かったと、ヤンはつけにしてやると。
オタとの戦いにヤン。とんでもない戦い。ヤンの成功、アーカイブを燃やす。
ヤンはアルマーニが来ていた服に。 美男なんとか

ロビーは逃げて、星からの脱出。
イックには昔の記憶なし。

ヤンはアルマーニから記憶を。美男子ラブラブ。

ヤンは、じいさんのアニメを。
あれあれヒザクリガーのアニメの最終回。 宇宙船を作って冒険の旅。
。。。今は、ハげとデブがしようとやっき
nice!(1)  コメント(0)