So-net無料ブログ作成

真夜中のオカルト公務員 第10話 白い繭と青い炎 の感想 [TVアニメ]

あのこと。狩野一と宮古の対立。
考えの違い。 なんかヘイトなんとか同じ。 どっちから見るかで、違う。
。。。でも、擬態するほうに権利があるとは思えない。作られた表面。わいぞく。

新は悩んで。助けた相手には。。。それにあれを見る。夢魔。
仙田と話。 都庁のすることはきつい。 それぞれの考え。 。。。狩野一がすることに榊
榊がいうこと。 砂の耳お使うのことの危うさ。 理解ある先輩ら。 褒める仙田。
仙田は都庁のエリートはあぶないと。慢心。。。じみんどうみたいに。

競技場にいって、アナザーを見に。仕掛けられたこと。
そこには繭が。コクーン。
。。。はじめてのことと。ましら様。

狩野一悟が説明。駆除しても翌朝には、増えて。いいようにいう狩野一悟。開けるとムシ型のアナザー。
。。。なんかモスラー

新は中を開けて、幼児型ムシ。言葉がわかる以前と。
にやっと狩野一悟。 親のアナザー。 いうにことかいていう狩野一悟。話す以前のアナザーに。
はめた狩野一悟。 排除。燃やすしかないと。
宮古はそれに。。。狩野一悟は事務的に序文。カチンコチン。 お仕事的に始末。
。。。

宮古はもんもん。、、帰路。
雨は止んで、家に。 琥珀がいうこと。なんか知っている。人間も似たようなこと。お祭り。
琥珀がいうことは自分勝手。

新は帰って、ユキがいない。
新はのことを。

で、狩野一はアカネと話。

新は先輩と話。どうするかを。 セオはサンプルがほしい。

狩野一は話。 同じ狩野一家としての違い。
屋敷神のことがわかりょうになったと朱音。
狩野一悟の父は宮古に似ていると。反面教師。。。傷に秘密。
アナザーは人を狂わす。駆除すると。
警告される狩野一。

新らは琥珀がいったこと。出雲の神祭り。
人間もやっていること。蚕。。。養蚕。
親がいる可能性 危険性をセオ。神様の祭りに使うものなら

狩野一悟は、球技場の繭の処理を。青い炎で燃やす。
ウェウェコヨトルは抗議。  。。。いるアナザー。神のようなもん。

狩野一らは襲われ出す。
姿を表すアナザー。狩野一を繭に。

清水はみんなが繭につつまれ。
。。。ああ、東北の話にでるあれ。 モスラーのもとかな。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ