So-net無料ブログ作成
東離劍遊紀 ブログトップ
前の10件 | -

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 第13話 鮮血の恋歌 の感想 [東離劍遊紀]

嘯狂狷は殤不患に恨み。逆恨み。。。エリートだったのに落ちぶれて。
七殺天凌を見つけて。婁震戒にいう、それを狙っている男。
嘯狂狷は忠告。 その男に追われていると。
。。。例を言おうと殤不患。 婁震戒は手伝ってほしいこと。


殤不患、凜雪鴉、浪巫謠は一緒に。七殺天凌の回収のことを話す。
そのための筆。しかけは理解できなくても使えると

嘯狂狷は、みせめにされて、殤不患への対決の手紙扱いに。
・・・ここまでおちた男。

婁震戒は殤不患のことで、怨敵
・・・逆恨み。かんじんだね。
七殺天凌はそそのかす?聞かない婁震戒。七殺天凌だけを求めるだけと。
執着が姫だけに、満たされて。 恋する男。引いてしまう七殺天凌

殤不患がくる。相対する。
婁震戒がいうこと。あの日に始末していたら。
殤不患は行いに駆り立てた縁を斬ると。

。。。剣をあわせて。殤不患はみないようにして。攻めへの手がない。
いい気になる婁震戒。

凜雪鴉が助勢。数で。。。勝機があるとでもと婁震戒
とんでもない大技を婁震戒。七殺天凌の加護。。。無敵

凜雪鴉は殤不患にあの策。
凜雪鴉が殤不患を傀儡にして生き人形にして戦いに勝機を。 詐術と七殺天凌

凜雪鴉は面白がる。起こる婁震戒。侮辱と。

七殺天凌がいうこと。想うところ。悩んでしまう。
婁震戒は姫の力を。 七殺天凌が想うところ。未来永劫とらわれたら

。。。姫の助言
凜雪鴉に。。剣を壊しに婁震戒

剣は浪巫謠が、そして殤不患を正気に。
七殺天凌の固定。 婁震戒を倒しに殤不患。。。婁震戒は剣を落とす。
ここぞと殤不患は剣を封印に。 なんか魔戒法師。 魔方陣の下に七殺天凌を凜雪鴉があげる。
墨の世界に封印される七殺天凌。いやがる七殺天凌。婁震戒を呼ぶ。
。。。婁震戒はぎりぎりで鳥に。 落ちていく婁震戒。
墨が殤不患に。

七殺天凌は婁震戒が。
・・・それは

殤不患は捕まえた手応えがあると。急いで捲殘雲のもとに。目録を受け取りに。

捲殘雲は陽気。嫁に怒られて
殤不患は目録に剣を封印に。でも、魔剣はなく。 婁震戒が執念で奪ったいったこと。死んでいると

伯陽候は謝罪に。城の守りには時がいると。お願いを、。聖剣を三本を預かってほしいと。魔剣目録に、。
増える剣。
お願いされてしかなく殤不患。凜雪鴉がここぞと・・・ややこしく。

浪巫謠とリョウガ。。。よくしゃべる楽器
浪巫謠は笑って、楽しがる。


あの悪の組織。蠍瓔珞のことを不甲斐ないと。
本腰をいれて東離にいくことを。
そこに出てくる魔界の使者。禍世螟蝗に人外との命を結ぶ気があるかと
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 第12話 追命靈狐 の感想 [東離劍遊紀]

婁震戒はきぼつの地に。頃すべきがあいと剣。男が言うことは前向き。
。。。とても偏屈な男。 一緒にあることに執着。 安息の地。
七殺天凌がいうこと。 引いてしまう。

地獄のようなとち。・・・はんとう?
フェチな婁震戒。己が魂のままに本心。 まずいと七殺天凌。

出てくる龍。人語を語る。 婁震戒がいうこと。
。。。怖がらそうと龍。なぶり殺すこと。
婁震戒がすること、返り討ちへ。魔剣がともにあると。


浪巫謠は街を。誰もいない。
出てくる嘯狂狷。殤不患を求める。
傀儡使いでいく。浪巫謠へ襲わせる。傷ついている浪巫謠に不利。

。。。嘯狂狷がすこることはずるい。
浪巫謠に剣を渡してすることはあくどい。
捨て駒を使えない浪巫謠の甘さを。
。。。操れない浪巫謠。よくしゃべる嘯狂狷。

ここぞと攻撃する嘯狂狷。あくどさをみせる元官僚。
。。。ピンチ、そこに殤不患。

魔剣を手にする殤不患。兵を使う能力を見せつける。うますぎる。
手足のように。 兵にあずけることを。

嘯狂狷はまさかと。殤不患がいうこtぽが気にくわない。
将器もあるのに根無し草にある殤不患におかしいと。  彼は面倒なことはしたくない。

逃げる嘯狂狷。魔剣を取り戻して殤不患。
浪巫謠がしていたことをリョウガがいう。 浪巫謠は信じられんことをやってのけると。
・・・ツンデレする男

殤不患は元に戻す。感謝される。。でも言えない名前。
殤不患の悪名を言われて。

殤不患は浪巫謠と。 憑いてくる凜雪鴉、面白がって、
鬱憤はらしに凜雪鴉。
嘯狂狷を追うことを殤不患。 凜雪鴉のせいでなったこと。

婁震戒は龍を討伐。とんでもないことを。
ドラゴンスレイヤー。
七殺天凌はまさかなことと。 婁震戒がいうこと。なんでもできると。
俗世へ未練。 七殺天凌は婁震戒にお前よりも強い男をと、殤不患。
。。。そそのかす
どっちが凄腕かと。未練と。 
対決することを婁震戒。七殺天凌に強いことの証を。
・・・で、結局は負ける坊さん。封印される剣。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 第11話 悪の矜恃 の感想 [東離劍遊紀]

殤不患と捲殘雲。手合わせ。。。その後に約束すること。目録を守って逃げまくること。
預けるとことがなく。時間稼ぎ。
理解者の捲殘雲。 再び戻る約束


凜雪鴉は嘯狂狷と。 嘯狂狷は怒りで。
ここぞと、なにが起きたかを。 言い逃れしたかどう。。。そんなことはできなかったと嘯狂狷。
凜雪鴉がいうこと。
・・・楽しんでいる凜雪鴉。おもちゃ。
嘯狂狷は踏ん切りをつけて、開き直る。 フェイドアウト。
凜雪鴉はあきらめることなんてと。。。止めに。
地が出る嘯狂狷。指名手配になるまでにとんずれ。まだ魔剣がわると。
あきれる凜雪鴉。放り出したこと。悪党の矜持。
凜雪鴉はううと。。。誘う嘯狂狷。
決裂することに。


婁震戒は剣を探して、肝心の三ふりなし。


浪巫謠は待ち伏せ。婁震戒と戦い。
浪巫謠は耳で戦いを。 リョウガが剣に。。。激しい戦い
魔剣が婁震戒に力を。
。。。力でいく浪巫謠

婁震戒は目を使わないことを利用して、。。音をふる。
上からの攻撃、うけてしまう浪巫謠。まずいことに。
そこにものを。 握る婁震戒。 凜雪鴉が。。。いうこと。詐欺を。
凜雪鴉はいうだけいう。嘯狂狷とのことで気分を害して。

婁震戒は鳥に捕まれ、空に。その対策。


凜雪鴉は浪巫謠を直して。 嘯狂狷のことは言われたくないと。
どうでもいいと嘯狂狷のこと。


騒ぐが大きくなって、あたふたする。
襲いかかってきた女と。
嘯狂狷がしたことも

嘯狂狷のことを噂して。そこにくる嘯狂狷。魔剣で使い道。
支配を受けて。


浪巫謠は婁震戒を追っ手。悪魔、断じて見過ごかさず。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 第10話 魔剣/聖剣 の感想 [東離劍遊紀]

殤不患は浪巫謠から蠍瓔珞の死を。 七殺天凌のよって。。。使い手は坊さん。
最悪なことに。坊さんの持っている能力。
殤不患に警告されること。最悪な事態が起きる可能性。 殤不患には戦いからさけてと。
浪巫謠は甘さを。


凜雪鴉と嘯狂狷。。。いい取引に見えるが。
財宝の交換。
。。。凜雪鴉がすることを。 幻惑の煙をだしている凜雪鴉
嘯狂狷は怪しむが。メガネで通用しないだろうと。警戒をとく。

伯陽候の下の者。 諦空と出会う。
婁震戒は剣をみせて、魅了する。あっけなく命を吸う。
。。。婁震戒と剣で主導権。宣言する婁震戒。 


殤不患と凜雪鴉。 メガネのすり替え。
道具にこだわりの嘯狂狷
殤不患は遠くに。
凜雪鴉は仕込みは。。。


嘯狂狷は荷を商人へ見せて、それは西側の盗んだもの。
凜雪鴉にはめられた嘯狂狷。まずいことと。
嘯狂狷はごまかしに。

嘯狂狷はご乱心。
なぜと。。荷物の入れ替え。おかしいと。幻術は見抜いていたはずと。まずいことと。汚職。


婁震戒は、生きる価値を。 すべての命を奪って、尊さを。 。。。剣が与えてくれた生きる意味
伯陽候らは見ている。僧が落ちたこと。

伯陽候には逃げを。足止めをすると男。
婁震戒がすること。七殺天凌は忠告。

出てくる男と聖剣。 婁震戒は魔剣をと。
聖剣が跳んでくる。 婁震戒は自らので身体で受ける。体術。
。。。音できいているのを。

聖剣の破壊。 なぜか消える?

伯陽候は危機?
婁震戒は聖剣を破壊する。七殺天凌は拾いものと。危うさも。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 第9話 強者の道 の感想 [東離劍遊紀]

蠍瓔珞は浪巫謠に負けて。逃げたことを七殺天凌、、、へたれと。けなす。。。することを
とんでもない剣。
償いを蠍瓔珞。力を頼って、血を欲しがる剣。とんでもないことを言い出す。
。。。言うがままにして。命を吸う剣。

剣をはなつ蠍瓔珞。まだ支配されてないところ。。。封印する?
剣はとんでもなく。 封印もいいと。
なげく蠍瓔珞。。。とーでん?


凜雪鴉と嘯狂狷。悪の持ちつ持たれつ
。。。にっさん?

蠍瓔珞は渇望に。悪夢が。あらがえない力の前に。

凜雪鴉は盗んだ宝に。嘯狂狷は・・・いうことは普段から古買屋とのこと。
似ている関係、 持っている宝は表に出せなくて。、異国での取引に。
。。。目的は賊とか出なく。

嘯狂狷がいうこと。盗賊から奪った盗品の売り先に違う国。
。。。悪の会話。 そういうことばかりに頭が回る嘯狂狷。
凜雪鴉はほめて。

殤不患は探して。 蠍瓔珞は出てくる。対決。。。。七殺天凌お在処を。
戦って勝った方が手にすると。

たわいない戦い。蠍瓔珞はまけて。
。。。結末。

強さの証。 殤不患はあれを退けたことを。
蠍瓔珞は最後を。
殤不患は持論をはく。 負けて生きる方がなお強いと。 蠍瓔珞の答え。
殤不患がいいこといって、剣を回収に。

蠍瓔珞は殤不患に最強の強さ。負けても、おびえないと

蠍瓔珞は何もかも亡くして。
諦空と会うことに。 御礼を。

殤不患は剣が見つからず。

蠍瓔珞は諦空に。。。
でも彼は諦空は、剣に取り込まれて。行使者に。

七殺天凌は諦空。 ロウシンカイと。

浪巫謠は蠍瓔珞の死体を。七殺天凌だと。。。なにか証拠?
。。。落ちた僧職。 
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 第7話  妖姫の囁き の感想 [東離劍遊紀]

落ちてしまう蠍瓔珞、妖姫・七殺天凌の精神支配。とんでもない妖刀、人を引きつける。
。。。まあ。蠍瓔珞は、ぱくなんとかみたいだね。

蠍瓔珞は諦空に戦う意味。忠義。
辛辣な蠍瓔珞。いうことはすばらしい。。。こだわりでなく、身をわきまえること。
従者の命も主人の財。 我欲であって、忠節でない。

。。。いうだけいって消える諦空。

嘯狂狷は凜雪鴉に魔剣を。。。うまく誘導する凜雪鴉。
蠍瓔珞の持っている魔剣の可能性。欲深く、可能性を。
殤不患へはいけないと。蠍瓔珞のほうを。

りょうふうけつざん
凜雪鴉には愉快な話題でないと。役人としては。 

凜雪鴉は釣り。殤不患を呼び出し。。。浪巫謠とはまずいので。
。。。おかしな関係。仁義の殤不患。
別の件で取引。嘯狂狷の情報。。。陥れるため。
。。。いうこと。ひどいことを。

殤不患がしたこと。帝がおかしなことをして。
嘯狂狷は蠍瓔珞に手に渡った魔剣。 凜雪鴉はそれがどういう剣かと。だまりこむ殤不患。
。。。つつく凜雪鴉
魔物のたぐいの剣。質の違い。 弁舌な殤不患。
嘯狂狷が蠍瓔珞に追い込む。。。遅きに失したと凜雪鴉。これはと殤不患

蠍瓔珞は戻ろうと。嘯狂狷の網にかかってしまう。
交渉? 魔剣は一本だけと。。。かまかけて、嘯狂狷は数で痛めつける。
嘯狂狷の推測。  妖姫・七殺天凌は蠍瓔珞をそそのかす。。。ホラーの様に
妾を手に取れと妖姫・七殺天凌。 選べよと、汝。

蠍瓔珞が言葉責め。蠍瓔珞を追い込んで。
蠍瓔珞は剣を手に取る。。。。人はひかれて。
血を吸う様に人殺す剣。 蠍瓔珞に力がみなぎって。。。支配をうけてしまう女。虜に。
嘯狂狷もそれに惹かれて。
蠍瓔珞は支配されて、主人のことはわすれて。

殤不患がきて、手遅れと。見ない様に。
妖姫・七殺天凌は勝ち誇って。 嘯狂狷は殤不患に。浪巫謠が防戦

蠍瓔珞は勝ち誇って。
殤不患は見ない様にして戦う。よくかわして。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 第6話  毒手の誇り の感想 [東離劍遊紀]

快気する殤不患。 それぞれが思うところ。
嘯狂狷がいうこと、殤不患には効かない。 おもわくがは異なる。


。。。やりあい。
浪巫謠の援護。邪魔は入らせない。
殤不患と蠍瓔珞、その差は? 蠍瓔珞は所詮は格下。 いうことはすばらしいが直接では勝てない。
細工だけでは。
負ける蠍瓔珞。ふらふら。騙し討ちの嘯狂狷。ここぞと魔剣を奪う。
。。。げす男。

逃げる蠍瓔珞。浪巫謠が追う。

嘯狂狷は得た魔剣に愚痴。殤不患が返却を。
。。。タイマン

なぜかくる鬼鳥。これは棒読み?
やってられない殤不患。凜雪鴉は撤退を指示。

殤不患はこれが安全と。嘯狂狷・・・道化?

蠍瓔珞は恨み。嘯狂狷に。。欺さされて
いろいろ走馬灯。 口惜しい。助けに。。。諦空。

浪巫謠は追う。見失って。
諦空が立ち塞がって。殤不患がきて。。。問う。
会話。 殺すことの意味。
殤不患がうまく言えない。 浪巫謠らは諦空に。あやしさ。
あらゆることに意味を問うと。。浪巫謠はリョウガ変形で。

。。。やり合う。止めに殤不患。
すごい楽器。音声兵器。
坊さんは殺す意味を。なぜ?

殤不患は浪巫謠を止めに。。。説明を聞く。
悪だと浪巫謠。世に災いを呼ぶものと。 聆牙の説明。 なにが答えと考えるならと。
意味次第では変わってしまうこと。
浪巫謠の直感。理屈では説明つかず。 殤不患には頭が痛い。

諦空は蠍瓔珞を見かまって。
助けたことを蠍瓔珞。 問に答えてないから。
。。。あったことを諦空。生きていること
蠍瓔珞は。 諦空は自分の思うところを。

益体がない事?
諦空にはまばゆいことと。自分にないこと。わからんと。生に固執。
見ているだけの諦空


嘯狂狷は戻って、事の次第を。
役人が思うところ。 どうしようと。
聞きたいこと。 リョウフウセツジンという言葉に聞き覚えがありませんか。
動揺する役人。 
嘯狂狷はくわしくお伝え願えますか。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 第5話 業火の谷 の感想 [東離劍遊紀]

殤不患は毒で動けず。
薬作りにドラゴン狩りにいく2人。呉越同舟?。
凜雪鴉はあやしいが、要を得た時点で退散。悪党と見透かされて
。。。殤不患は追い込まれて、天誅されかかるが、いいところで届く薬。
完全復活する。そんなに簡単に効くの?


毒が身体に殤不患。体術で毒を封じ込める。
浪巫謠と凜雪鴉が素材と取りにいくのを当てに

凜雪鴉は浪巫謠の無口に。 魔性が声にかけられて。
。。。凜雪鴉はおしゃべる。 さんま?

蠍瓔珞は嘯狂狷と取引。 殤不患探しに、毒から辿る。虫が嗅ぎ分けて
嘯狂狷の思惑。 辿れるにも小細工。あやしいと蠍瓔珞。
。。。心当たり。

蠍瓔珞はぱしり。諦空とのことを蠍瓔珞は、思い出す。

浪巫謠と凜雪鴉は龍の縄張りに。とんでもない地形。
。。。殺風景。北XXと同じかな。

出てくる龍。凜雪鴉はそんなものかと。
さらに出てくるでかいの龍。納得する。 
語る龍。人語を解する。。。えべXX族

凜雪鴉が交渉。聞くわけない龍。口から炎の吐息。
。。。まずい方向に

がれきが。。。浪巫謠が攻撃。
凜雪鴉は交渉。病人のためと 縁のあるものと。。。さらに火を油を。

龍への攻撃。浪巫謠では失敗。
闊歩する龍。飛べません。

声で技比べ。 凜雪鴉は罠を張ると。。。手伝うことを浪巫謠に。
浪巫謠は承認し、音で攻撃。

凜雪鴉はうまいこと。言葉で 詐術。
。。。ざいにち、在半島がしてそうな。諸外国にしていること。すべて嘘
浪巫謠はさっさと角を斬って。

殤不患は毒を押さえて。無理が。。。詰み


凜雪鴉は浪巫謠に毒消しの方法を。あとの材料は簡単に入ると
浪巫謠はあやしい凜雪鴉を討ちに。 悪人と見抜いている浪巫謠。
。。。矛盾。 凜雪鴉の企み。

すぐに退散する凜雪鴉。策がうまい。。。いうことだけいう凜雪鴉。材料。
浪巫謠は殤不患のもとへ


蠍瓔珞は殤不患を探しに。
逃げ出した殤不患。  ふらふら。
追われる凜雪鴉。公吏。。。。殤不患はふらふら。
ここぞと嘯狂狷。 再会に。。。おかしいと殤不患。再会を痛がる。
蠍瓔珞はこれならと。
・・・よくしゃべる連中。 さっさとしない。

殤不患は蠍瓔珞に。

。。。数で行く嘯狂狷。
きざまれる殤不患。 楽しむ嘯狂狷。

殤不患は待つ。
・・・走れ。メロス?
あきれる嘯狂狷。
やってくる浪巫謠。 殤不患に薬を。
あやしいが、解毒。  ?と蠍瓔珞

殤不患は毒が消えて。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 第4話 親近敵人 の感想 [東離劍遊紀]

殤不患の前に凜雪鴉、出てきて。友と。。。不思議なことを
。。。あのときのこと。 いうことがあやしい男。BL?

凜雪鴉は器物に興味。話す楽器。。。紹介する殤不患。

西からくるもの。なんとなくこれたと。
関門。噂話。。。殤不患がしたことで役立たずにしている。
で、行き来がしやすくなって、蠍瓔珞とか嘯狂狷が通れる様になって
・・・今回の様になった。自業自得

殤不患を相手にするならと


嘯狂狷は貴重を探して。蠍瓔珞の居場所。
嘯狂狷は散歩と言う名で


凜雪鴉は殤不患の毒を調べる。血から毒の選定。
。。。薬物検査。 反応でそれがわかるとは?

決まる毒。陸の獣。。。同類で暗いの上の動物。龍の角。
。。。それの得方

さっきの話。ふらふらの龍を標的に。


蠍瓔珞は毒を探して。 嘯狂狷と出会う。招集の狼煙。
なにもかもしっている嘯狂狷。 一時休戦の申し入れ。。。すりあわせ。

いいわけ。形だけ。言い方次第。共通の敵に手を取り合うこと。
利の取り合い。 。。。損のない取引。

通じて。言い方次第。 手柄のことを嘯狂狷。


凜雪鴉と浪巫謠は境目に。
途中から歩き。 殤不患を助ける意味、愉快ということで。こうにのる。
出てくる瘴気をえて化物に。

浪巫謠だけが戦って、実力を見届けて。賞賛を。
凜雪鴉は実力を見せつけて。

蠍瓔珞は嘯狂狷のことを。
やってくる諦空。 諍い。。。縁。
交渉。 僧が死ぬ意味。 意味のことを

蠍瓔珞は諦空。に。。。意味にこだわる諦空。問いただす、
。。。退散。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 第2話 奪われた魔剣 の感想 [東離劍遊紀]

魔剣目録。。。ありがちな話に。魔剣の奪い合い。

鬼鳥がからんで、いうこというが。本当に荘?口がうまいだけの詐欺師?ざいにち。
風の便りと言うが。 いいようにいう男。
東と西で違う国。 でも協力するべきと嘯狂狷。

。。。言葉巧みに援護射撃の鬼鳥。
自分がついて、捜査の協力と。


殤不患は魔剣目録が欠損して、修復に。壊れているので、元の身体に。
蠍瓔珞には、不完全でも取り出しができると。二つ程度が渡ってしまった可能性。
修復、そのための場所に。 頼れるものもなく。 あれあれ、鬼鳥。。。まずいまずいと不幸な関係。

蠍瓔珞は魔剣を取り出して、一本目が使い道あり。
二本目は剣に操られるかかるという危険物。それを出して、支配されかかる。幻影。
意思がある剣。 そそのかしに。
。。。なんとか押さえて封印する。
・・・なんか風魔のなんとかのパクリ?

策にと。蠍瓔珞。魔剣はひとふりだけでも十分と


仙鎮城へ、鬼鳥ら。。。。話をうまいことつなげて、誘導されるじじい。
もうろくしている。嘯狂狷の話はうまい。
鬼鳥が話をきいて。。。しているくせにいうことは、誘導するばかり。怪しいところをたきつけて。
話の筋をあわせて。

鬼鳥と嘯狂狷。先ほどの話で。
鬼鳥が聞いた話。。。。うまく語って。
・・・どの口がいうかと。
嘯狂狷はうまいこと乗せられている。


殤不患は魔剣目録を修復。うまくできて。。。見える剣。
浪巫謠が戻ってくる。

殤不患は逃げること。蠍瓔珞が奪った魔剣のやばさ。人を操る魔剣。
ここぞと出てくる蠍瓔珞。 策で奪いに。

人を傀儡に蠍瓔珞は剣でする。操り人形に。
数で抑えに。

。。。はげしい戦い。
殤不患は人助けを。それが徒に。蠍瓔珞が村女に化けていた!?
助けたが、逆に毒の爪でやられる。
。。。欺されたかと蠍瓔珞。

人がいい殤不患。蠍瓔珞の爪の猛毒でふらふら。
・・・大陸人は生きてこその世界。嘘はでも通ればいいと。 罪人の集まり。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - 東離劍遊紀 ブログトップ